ハイエンドロードバイクの後、英国ド変態小径車に乗ってみると

 このところ、うれしくて?、
タイムでばかり走っていた。
 たまにはモールトンにも乗ってみるか、
とたわむれで?、今夜はモールトンで
出かける。

 さて、ハイエンドロードバイクに
慣れた体に、英国の小径車は
どのように感じられるのだろうか…

 

sponsoredlink

 超遅くて、かったるくて、
もうこんなのに乗ってられない! と
思うかと思いきや、
お、意外と速いじゃん、という印象。
 夜の街を走るには、
別に不足ないくらい速い。

 さらに乗り心地は
モールトンの方がいい。
 タイヤは小径だけど、
サスペンションが効いているね。

 そして、
「モールトンは自転車ではない。
モールトンという乗り物なんだ」と
いうあの有名なフレーズが、初めて理解できた。
 そういうことだったんだ、、と。

 
 というわけで、ロードバイクに
乗ったらモールトンなんてかったるくて
乗ってられないかも、という心配は
全然大丈夫だった。
 ロード乗りは、モールトンも経験した方がいいですよ。

 ま、考えてみれば、フレーム単体だと
タイムよりオレのモールトンの方が高いもんな…
 ボーラワンパワーで総額では逆転してるけど。
 モールトンはコンポも、銀色にしたくて
あえてのアテネだし。
 
 あと、やっぱりなんか妙な
吸引力というか、魔力というか
オーラというか、それは
圧倒的にモールトンの方があるね、、、
 呪術的というか。
 言葉にうまくできないが…

 

Share Button

投稿者: bp1178

クルマ、自転車、飛行機など乗り物全般が好き。 スターウォーズサーバント。アップル信者? 英国へ毎年出かけるのがテーマ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。