買ったもの アップル マジックキーボード

最近買ったものですぐれものはアップルのBluetooth接続キーボードだな。もともとは旅先へMacBook Proを持っていくのは重いし、かといってMacBookを買うのはもったいないし、という事案のソリューションとしての導入だった。

自宅でもある程度長文を打つ際はもうこのキーボードをつないでしまう。会社のWindowsとも自宅のMacBook Proとも変換のロジックが違うのでやや戸惑うが、フリック入力よりは圧倒的に楽だ。

松嶋菜々子のドラマ 営業部長

見てるけど、毎回辛いなぁ。

女性が働くのってこんなにもつらいんだ、、、と。僕が女性だったら心折れてるな。

しかし、オイラも働き盛りか何か知らんが、忙しすぎるぞ。これから先の業務量がある程度見えてきたが、無事に正月を迎えられるか、すごく不安。乗り切れるのかしら、、、

いきなりステーキ

出張の後、名古屋でいきなりステーキへ初めて来たけど、みんな座って食べてるし、カップルが多くて衝撃。
いきなりステーキはやっぱ立ち食いでしょう。

オリンピックの開会式 最強の働き方

 リオが閉幕し、オリンピック気分が盛り上がってる今、
ロンドン五輪の開会式が気になって
レコーダーに入っていた録画を見てみた。

 イギリスのカルチャー、そして
タブーがないんじゃないかというくらいの
ブラックなユーモア、いいねぇ。

 ダニエル・クレイグ、カッコいいなあ。
もう一作くらい、ボンドをやってほしいな。
 ローワンアトキンソンも、よくこれ
OKでたよなあ、というきわどいギャグが
最高!

 
 TOKYOではどんな開会式が
見られるのかな。

 
 さて、「最強の働き方」を
読んでるが、amazonで1位になってるという
記事が。

 ビジネス書を読むのがけっこう好き、って
なんかそれだけで二流のダメリーマンっぽいなあと
思うんだけど?!、好きなものは仕方ない。

 
  “オリンピックの開会式 最強の働き方” の続きを読む

時差ボケになるヒマもなく。 ロイヤルオーク調査継続中。

 バカンスから帰国以来、時差ボケになるヒマもなく
働いている。曜日の感覚はすでにない。

 出張の合間に、名駅の某Tの時計屋で
オーディマピゲ・ロイヤルオークを調査してきた。

 若いイケメンの店員で、なんか苦手だな。
 覗きに行くと、「出しましょうか?」と言われたけど、
あまり時間がなかったので話だけ聞いてきた。
“時差ボケになるヒマもなく。 ロイヤルオーク調査継続中。” の続きを読む

いまこそ英国の闇について語ろうか

UKにも闇はある。

今回は、現地在住の方の協力を得て、全力でいいお店を探したこともあり、さほど食事はマズくなかった。ポイントとして思ったのは、外観が小ぎれいな店はだいたいダメで、外観は気を使ってない、むしろ汚いくらいの店の方が味はいいことが多い。そして、英国で3食、普通に食べてしまうとカロリーオーバーで体重が増加してしまう。食事以外も、ビールやスイーツ、クリスプなど誘惑が多い。果物は消費税率0%なこともあり、アホみたいに安いし。そういえば、日本でも普段一番よくかうものって食品だよね。それが0%の英国は、消費税20%の国というより0%の国ってイメージかも。日本のなんにでも8%の方が痛税感が強いかも。

英国で生活していると、どうも平衡感覚がおかしいというか、なんかフラフラ?する?   もしやと思い、iPhoneアプリで壁の水平を測ってみると、xy軸が0.6,0.9となっていた。そんなもんかな、と思いつつ、日本のうちで測ってみたら両方とも0.0だった。やっぱり英国の建物は水平が出てないよね。毎回、帰国時に思うのは、日本って静かだな、ということと、建物がビシッと垂直、水平に建てられてるな、ということ。 それ以外には電車のアナウンスがうるさすぎる、軽自動車やミニバンが多すぎる。英国みたいに信号が全然なくてカッ飛ばせたり、合法的にビュンビュン追い越しができる道路状況だと、必然的に速いクルマが人気になるよね。日本だと、軽自動車に乗ってもポルシェに乗っても道路状況的にそんなに大差ないけど、英国じゃ全然違う。

英国の道路事情。

ピーターバラからヒースローまでの150キロで、信号4つってすごすぎるだろ、、、

ここにいると、クルマの性能差が出る。速いクルマが欲しくなる。

ロンドンの風景

パトカーがi3ってマジか、、、

本物??
パテックフィリップ屋さんは山ほどあるけど、リシャールミルが外のウインドウに置いてある店は初めて見た。

これって、何千万もするやつ?  精緻な動きをしていた。


ブガッティのディーラーにはさすがの僕も突撃できなかった、、、  オーラが違った。ロイヤルオーク手に入れたら、突撃できるかな?  時計ってこういう時に無敵のバリア、みたいに使えるからいいよね。守り神的な。


のぞいたら、ヴェイロンが置いてあった。

おしゃれさに卒倒!

BMW、メルセデス、アストン、ベントレー、ロールズロイス、ウヨウヨいるのだが、一番おしゃれだと思ったのはこのクルマ!


車内の小物も紫で統一されてたし、後ろの窓にあえて?、日本の車庫証明ステッカーが張ってあるのもレベル高い。

助手席にペットボトルやお菓子が散乱?していて普段使ってる感があるのもいいね。

絶対勝てないセンスだなぁ。

ロンドン通勤 満員電車ゼロ、残業ゼロ

朝夕のラッシュ時の様子。ものすごい数の自転車が走っている。小池知事が東京の満員電車に対する施策を検討してるようだけど、他の先進国は自転車利用を促進するケースが多い。それも考えたらどうかな。

僕は自転車通勤してるけど、ロンドンと違い地元で朝夕に自転車乗ってるのは高校生とおばさんばかりで、要するにクルマに乗れない人しか乗ってない。

その意識を変えていけばいいと思う。

僕もジテツウしてると、周りからクルマ持ってない人だと思われる傾向がある。運動になるし、気持ちいいからジテツウしてるんだけどね。

話題になってる電車の総二階は、シドニーではもう実現してる。視察して参考にするといいと思う。

あとはそろそろピーク時以外は自転車をそのまま電車に乗せられるようにしてほしいな。自転車の利用をもっと便利にして、自転車シティーへシフトしていく必要があると思う。

ロンドンは、満員電車ゼロ、残業ゼロがすでに実現されてて、うらやましいなぁ。明るいうちに家に帰れるなんて、最高だよね。

うちの会社でもそうしたいんだけどね、、、

ただ、思うけど日本の場合、従業員みずからが、そんなに早く帰りたいと思ってないケースもある気がする。僕は全力で早く帰りたいのだが、、、