イギリスはおいしい。

最近、イギリスの食はおいしくなった、という記事や報道を日本でみかけるが、うーん、どうだろう、あまり変わらないような、、、
ただ、英国でもおいしいものはあって、まずは黒ビール。イギリスというとぬるいビールが有名で、日本の感覚でいうとぬるいビールなんてマズそうだが、真夏でも涼しいロンドンの気候と絶妙のマッチングを見せ、おいしい。
日本風に言うとポテトチップというか、英国風にいうとクリスプもチープだがおいしい。僕は日本ではポテトチップはまず食べないが、英国では毎日のように食べたくなる。しかも安い。

英国の消費税は20%で、日本は8%だからまだ低い、みたいなことよく言われるけど、英国は低減税率あるからね。果物などもめっちゃ安くておいしい。

日本はすべてのものに8%かかってるから全体の税負担としては部分的に20%の英国とすでにそう変わらないのでは?
10%への増税時に低減税率を導入するか日本で議論になっていた。僕は英国の感覚で、勝手に、食料品などは0%あるいは5%にする話だと思っていたが、食料品は8%のまま、ほかは10%とする議論だと知って、あぜんとしてしまった。税率は何パーセントでもいいけど、たった2%で税率を下げてやった、と言われるのもシャクだし、僕的にはなんでもいいからとりあえず内税表示にしてほしい。
英国的solution、一部の品は20%、生活に必要なモノは0%、すべて内税表示、というのが僕はベストな回答だと思う。
というわけで、果物もおいしい。
直近のポンド安のおかげで、昨年来た時よりは物価が安く感じる。とはいえ、日本は本格的に賃金と物価を上げていかないと、先進国の中でのプレゼンスが沈下していくと思う。うちの会社の初任給、僕が入社した時と変わってないし。いや、手取りで考えたら、むしろ下がっている。それって外国と競っていく上でどう考えてもマズいと思う。購買力の点で、相対的に、日本が貧しくなってきている。
というわけで、僕はせっせと節約して欲しいものを買っていきたい。

英国のこういうとこも好き。小ネタ。

英国の階段ってやわらなくてふにゃふにゃする。それがなんかクセになる。

謎なことがいろいろあって、洗面台で熱湯の出る蛇口と水の出る蛇口が別ってのも不思議だけど、地下鉄の公式マップの表紙がテキトーに描いた落書き?みたいな絵なのもナゾ。

雰囲気いいね。

そしてなんといってもクルマのセンスが呆れるほどいい。

もう参った、絶対勝てない、と思う。

英国で考えること。

ロンドンって古い街並み、カッコいいクルマ、疾走する自転車と僕の好きなモノばかりだからこんなにも好きなのかもしれない。ガードレールや電線ないし。

テラス席で食事やお茶するのも好きだし、シャーンという特徴的な音を立てて疾走するブロンプトンも大好き。ブロンプトンは、通勤時間帯だと1分に1台は見る。

あえてラッシュ時に出かけてみると、ビジネスマンはジェームズ・ボンドかベッカムかという伊達男ばかり。キマッてるなぁ、、、

地下鉄の駅。日本だと、アトラクションレベルの、なんだろう、劇画調というか芝居がかかってるほどの雰囲気のある建物や空間が、普通にそこら中の日常にあるという世界。

とホメまくってるが英国のいまいちなところはなんといっても食、、、  テレビでブリックレーンのレストランはレベル高い、とやってたのでわざわざ行ってみて、通りを何度も往復してから僕の直感で最も良さげなお店に入ってみたが、うーん、それでも普通かなぁ。

お風呂やトイレも日本が圧勝だよね。ま、英国人はそんなことはどうでもいいじゃん、って思ってそうだよね。そいえばプライアス(日本名prius)が増えててそれにはびっくり。

Harrodsで散策。Harrodsって迷うんだよね、、、 それに家具とかはセレブ向けすぎて、超広い家じゃないと似合わないものばかり。Harrodsで売ってるものを見てると、大金持ちは、アートとか陶器とかを家に飾るんだね、、ってことがよく理解できる。

上の画像はテクノロジー売り場。ベオラブ90の実物を初めて見た。すごいなこれ。ベオラブ5もあったのだがインパクトのすごさが圧倒的。5も、それだけ見てるとなんじゃこりゃーーってすごいけど、90は別次元。これ、欲しいな、、、 って5でもほぼムリじゃないかな、と思ってるのに、90は、、、

そしてそんな最新鋭のハイエンド機器の売り場にクラシックなものも置いてあって、ホント、英国ってどこまで本気でどこからがジョークかが分かりにくい。

Harrods周辺は、ポルシェデザインとかもあった。ロンドンは、購買力のある人が多いせいか、ジミーチュウやドルガバのお店をやたら見る。

また、Harrodsの中の靴屋さんは、試着用のイスがイームズラウンジチェアだった、、、 なんか、価値観が狂ってくるね。

僕はポールスミスセールショップへ。ここ、日本にあったらヤバいなぁ。お得な値段すぎる。ただ、品質は日本で売ってるPSより数段、悪いような気がする、日本のが異常にレベル高すぎ??

高級時計店もそこら中にある。ウィンドウにパテックフィッリプやヴァシュロン、オーディマとか置いてある、、、   PPやヴァシュロンは僕にはまだ早いなあというか、ぱっと見、地味なPPにあの値段は出せんな、、、 PPやヴァシュロンする人は本当にすごいな。僕がしてたら、1万円くらいの時計に見られてしまう恐れがあって、それが買えない最大の理由かもしれない。PP買える人は、1万円の時計に見られない人だよね。

ロイヤルオークオフショアも普通にある。あー、やっぱり欲しいなぁ。カッコいいなぁ。いま欲しい時計は、オフショアしかない!? キケンな思想だ、、、

出世したら買うか?!

しかし、できたら、もうちょっと、911に対するボクスターみたいなお得なライン出ないかなぁ。これだけ売れに売れてたら、出さないか。むしろもっと値上げしそう。

僕的には、自分の一生のうちになんとか超えたいゾーンは、クルマイッセンマン円、自転車100マン、時計100マンなんだけどね、、

あとやりたいこと、買いたいものは、ファーストクラス、アマネム、ベオラブ90 or 5を使ってシアターのグレードアップ、ターンブルアッサーのシャツ、革靴20万、スニーカー2万ってとこかな。

話変わるけど、先日、会社の人と話してたら、あ、僕は日常生活は普通の人?と比べると乾いたぞうきんをさらに絞る的な、超筋肉質な節約生活なんだな、と思った。そこまで修行に近いほどの節約はいまはしてないと思ってるんだけど、酒タバコギャンブルやらず、お昼はなんとなく弁当?、水筒いつも必ずどこへでも持参、コンビニへは近寄らず、自販機で飲み物はここ10年くらい買ってない、家賃は激安、通信料金も節約、趣味は読書、散歩、洗車だからな、、、  日常で節約して、欲しいモノへ注ぎ込みたい。

話戻すと、あとは秘密基地的なガレージも欲しいな。別荘?もそりゃ欲しいけど、どう考えても行くヒマなくて維持費だけかかるのが目に見えてるからいらないかな。

夕方の退勤ラッシュ。

大人が自転車に乗る姿っていいなぁ。ロンドンて全然坂ないから走りやすいよね。ガードレールないから、いざとなったときの逃げどころがある感もいい。

どの自転車も使い倒されてる感があってカッコいい。僕も、ブロは使い倒してるけど、AMやTIMEは半分、床の間になりつつあってダサいな、、、

自転車が恋しくなると、ボリスバイクを借りて走る。ホントは自分のブロンプトン持ってきたいけど、ま、ボリスバイクで走るのもいいね。ロンドンでは常に車道を全力疾走!  

ホテルの窓から外を見るのも好き。いま思うと僕はのび太のへやみたいな、外が丸見え、みたいな窓が好きなんだよなぁ。最近の家のプライベシー重視のためか外があまり見えないのはあまり好きじゃない。だからこそ、サマーハウス作りたいのかな。外が丸見え。

英国の窓も外が丸見えでとても良い。

英国へ来るのは、この英国的な価値観に触れられるのが最も大切なことだ。

相変わらず、けっこう雨降っても、ほとんどだれも傘ささないのも、いいよなぁ。

Harrodsにて。

Harrodsのテクノロジーゾーンにベオラブ90が置いてあって、すげー、と思ってたら、同じフロアにこのようなものがあったり。ジョークか本気か分からないのが英国だよね、、、

回復日?

きょうは体調回復日のつもりでノープラン。一晩寝たらけっこう元気なので何しよかな。

ロンドンのオーディマピゲ見に行くか。でも、Harrodsに入ってるっぽいので敷居高いな、、、

イーストロンドンのレストランはおいしいらしいので、そちらを探検に行くか。オリンピックタワーも気になるし。

あとは、ロンドンへ来た時の定番のポールスミスセールショップか。ボリスバイクで走るのもいいし。観劇もしたいけど、時差ボケで寝そうだな、、、

さりげに好きなのは、郊外の住宅街を見て回ることf^_^;)

本場のサマーハウスを研究したい。

街行くクルマ眺めてるだけでも楽しいし、英国英語を聞いてるのもいい。

ホント、ロンドンは素晴らしい。

ノイキャン ヘッドホン

さて、飛行機が遅れまくってたいへんだったけど、なんとか到着。昨夜はシャワーだけ浴びてベッドに倒れこんだ。

飛行機はエコノミーコンフォートにしたので、ノイズキャンセリングヘッドホンがついていた。あれはすごいね!

騒音がかなり低減される。欲しいアイテムにノイキャンのヘッドホンが加わった。ノイキャンというとポーズのイメージがあるけど、本当にボーズのがいいのかな?

これからも飛行機によく乗るのなら、ノイキャン買いだと思った。

充電? 放電? バカンスへ出発。

なんとか夏休みまでたどり着けたね、、、

ソッコーでバカンス出発!

飛行機がいきなり遅れてて、空港で飲んだくれ中。ここのビールが実にうまいんだよなぁ。旅に出る高揚感と、無料ってのがあるからかもだけど、、、

乗り継ぎの飛行機も間に合わなさそうで、いったいどうなることやら。

ま、それを楽しむのも休暇の醍醐味だね。

旅支度。

ことしの夏はいつもと違う次元で忙しいのだが、気がつけば旅への出発が近づいてきている。

パッキングをしないといけないのだが、これがとても億劫。気乗りがしない理由のひとつが、スーツケースが親から借りたものってのがあるかも。

思えば、長年かけて身の回りのアイテムは、お気に入りばかりをそろえてきた。クルマ、靴、スーツ、時計、スニーカー、テレビにオーディオ、自転車、ヒゲソリ、ケータイにPC。

そんな中、オキニでないアイテムってのはどうもやる気が起きないんだよね。

だったら自分の気に入るスーツケースを買えばいいのだが、これがなかなか難しい。リモワは好きだし、かっこよく、使い勝手もいいが、あまりにもみんなが持ちすぎ。また、少々高価すぎる。高くても一生使えるのならいいけど、あの昇降式ハンドルがすぐ壊れるよね、、、    それ考えると、どうにもリモワはなかなか選べなくて。とはいえ、ゼロハリはどうも形が気に入らないし、グローブトロッターはカッコいいけど、使い勝手が悪そうだし、LVとかはどうも僕に似合わないし。困ったね。旅の準備を楽しくするためにも、これだっというスーツケースが欲しいのだが、、、

飲みに出かけまくる人

社会人になったころ、毎晩のように飲みに行く人って、バリバリ仕事して、酒も女もお金も大好きで、超ゴーカイに人生を楽しみまくってるイメージだった。

僕は全然違うタイプなのだが、なぜか結果的に、傍目にはそういう人と同じに見えるような人生になってる、、、