連載 ボクスターオーディオ復活への道 お店へ行ってみる。

 インターネットで見つけた良さげなお店へ急行。

 表には、エンスーな輸入車が何台か止まっており、
いい雰囲気。

 お店へ入ると、常連さんが談笑していた。
常連さんが「お客さんだよ」ってお店の人を呼んでくれた。

 純正オーディオがダメになっちゃって、
探してる旨を伝えると、このお店のオススメの
ヘッドユニットを視聴させてくれた。

 

sponsoredlink

 3万5000円のものと10万円のもの。
 10万のものは、ヴォーカルが生き生きとしてる
気がしたけど、値段差ほどの違いは感じなかったかなぁ。

 僕の耳は、聞いてるものはバラエティ豊かで、
一番聞いてるのは、テレビにつないでいる
ボーズのウェーブミュージックシステム。
 これは値段の割にはとてもいい音だと思うし、
心地よい。調整も必要ないし、安定感あるよね。

 シアターでは、B&Oのベオラブ14&15。
バングは、元々は見た目だけのチャラいブランドかと
思ってたけど、どうしてなかなかきれいで聞いていて
心地よい音を出すんだよね。

 そしてたまに聞かせてもらう知人の
ベオラブ5&リンのDSM。
 これは最強に別格、、、
 魂が震える。ライブならもうそこがライブ会場。
 宇宙船の映像は、本当に目の前を宇宙船が飛んでいく。

 そして現在、ボクスターの車内では、
iPhone7 Plusのスピーカーから出した音を
直接聞いている、、、

 
 初めてのお店で緊張していたせいもあるけど、
このお店のカーオーディオの音は、魂が震えるところまで
行かなくて、3万5000円のでいっかな、と思った。

 ところが、取り付けだが、純正オーディオを外して
みてもらったり、取説を見たり、僕の記憶を辿ったり
していくと、なかなかこの時代のボクスターはややこしい。
 
 普通にヘッドユニットの内蔵アンプから
スピーカーへ音を伝えてくれてるのであれば
ポン付けで行けて、工賃も高額にはならなかったのだが、
ヘッドユニットに内蔵アンプはあるものの
(ここから友人製のリアスピーカーへは直接つないでいる)、
フロントのスピーカーはいったんフロントトランク内の
純正アンプにつながっている。
 そのため、社外ヘッドユニットを装着する場合、
スピーカーケーブルも引き直しになるとのこと。
 いったい何をやってくれてるんだよ、ポルシェ、、、
 そこ凝らなくて良かったよ。

 僕的には、今の気持ちは、
やっぱり音の追求はホームオーディオで、
クルマの音はBluetoothあたりから
出てればいいかなあという気分かな、、

 
 一番の解決策は、iPhoneの音をBluetoothで飛ばして
車内に置いたボーズのサウンドリンクミニから
出すってことかもしれない?!? 

 オーディオ復活への道はまだまだ続く?!

 

Share Button

投稿者: bp1178

クルマ、自転車、飛行機など乗り物全般が好き。 スターウォーズサーバント。アップル信者? 英国へ毎年出かけるのがテーマ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。