サドルが好き ブルックス スワロー オリンピックver.

さて、TIMEのサドルを交換したら、
むくむくとサドルに対して興味が復活してきて、
そういえば、僕にはブルックスのオリンピックバージョンが
あったではないか、と思い出した。

オリンピックの年に出て、日本には各色30個しか
入ってきていない貴重なもの。
行きつけの某自転車屋に置いてあるのを見つけて
高価なので悩んだけど、オレが買わずして誰が買う?! と
買ったもの。

“サドルが好き ブルックス スワロー オリンピックver.” の続きを読む

ジムニー購入の理由と生涯に買えるクルマと

ウェブCG、佐野記者の記事。

ウェブCGの記事 ジムニー

これによると、現在、
月産MAX4000台のジムニーだが、
現在の大受注を受け、
年明けから月産7000台にするという。

8ヶ月待ちと言われてるジムニー、案外
早くくるんとちゃうか??
うちの営業さんによると、納期8ヶ月は、
増産を織り込み済みでの計算らしいが、、、

“ジムニー購入の理由と生涯に買えるクルマと” の続きを読む

ジムニーのキーホルダー問題

僕のジムニーは、キーレスゴーではなく、
オーセンティックなキーでのエンジン始動バージョン。

そのため、キーホルダーはよく目にすることになり
重要である。

そこで、すでに物色に入っているが、
できたらジムニーと何らかの関連性のあるもの、と考えると
なかなか難しい。

現在、ボクスターのキーホルダーは
クロムハーツのため、全然関連ないのだが、、、

“ジムニーのキーホルダー問題” の続きを読む

TIME サドル問題 セライタリア→アリアンテ

さて、TIMEのサドルだが、
諸事情でセライタリア フライトからフィジークのアリアンテへと
換装した。

僕の持ってるちょっと前の型のフライトは、
今でも世界一かっこいいサドルだと思っているが
いかんせん硬い。

アリアンテに関しては、英国で買ったモールトンの完成車に
装着されていたこともあり、そのフィーリングは知っていた。

“TIME サドル問題 セライタリア→アリアンテ” の続きを読む

アイテム GoPro iPhone 車内環境の検討。

さて、インフォテイメンツ関係だが、
iPhone無敵。

これ一台で、音源、スピーカー、カーナビ、
渋滞情報、全てできる。

その気になれば、ドラレコ機能まで果たす。

iPhoneは10万以上しても、特段、高いと思わないなあ。
なんでもできちゃう。
それぞれが数万円する機能が統合されて
一台でできちゃうからね。

“アイテム GoPro iPhone 車内環境の検討。” の続きを読む

ジムニー 準備。

 さて、ジムニーがやってくるとなるといろいろと準備を
進めていかなくてはいけないが、ただ
いつくるかがはっきりしないのでどれくらいまでに、というのが
よく分からない。

とりあえず自分流カスタムをしたい、と思っている。
真っ黒で、プラック類、ステッカー類は全部外しの
BPスタイルでいきたいと思う。

よくディフェンダーとかで実践している方がいる
ミリタリーテイストのカスタムとかかっこいいなあと思う。

“ジムニー 準備。” の続きを読む

ついに列に並んだ。 Suzuki Jimny 

長らく悩んでいた僕のSUV選びだが、ここにきて
ついに一つの決着を見た。

元々は、ボクスターをマカンかイヴォークに買い換え、という
ところあたりから始まった僕のSUV計画だが、
紆余曲折をへて、ボクスター続行、
ジムニー増車という形となった。

なぜ、そのようになったかということを記録しておきたい。

“ついに列に並んだ。 Suzuki Jimny ” の続きを読む

初代ボクスターが認定中古車に登場

2003年式のボクスターが認定中古車のページに。
空冷のように暴騰はしていないが、
投げ売りされてるわけではなく、
188万か。

ポルシェ 認定中古車

15年落ち。
6万5000キロ。

ポルシェはずっと価値が残るからいいよね。

画像で見る限り、ピッカピカだな、、、

LEDポジションライト アリアンテ

コマこまと買い物。

ボクスターのポジション球が久々に切れたので
交換。

今の時代っぽくLEDにした。
密林で購入。

クオリティはどんなものかな。
久しぶりにボクスターの目玉を外して交換した。
手順はまだ覚えていたよ。

“LEDポジションライト アリアンテ” の続きを読む

帰り道

ジテツウの日の仕事帰りに、某交差点で
警察官がたくさんいた。

何かと思っていたら、
僕が信号待ちの間に、無灯火やイヤホンつけて
走ってる自転車をポコポコ捕まえていた。

無灯火やながらスマホの自転車はホンマ、危ないからねぇ。

僕は無灯火はありえないけど、
ライトの電池切れには注意しないといけないな、と思った。