メンテナンス費用と減価償却

古いクルマは故障して、修理代がかかる。

仮に、年間修理費用として30万円かかるとする。

新しいクルマだと、なかなか故障しないし、
故障しても保証があるから、修理費用はゼロだ。

となると、新車の方が経済的に考えて
良いように思うが、本当にそうだろうか。

sponsoredlink

ある程度まですぎたクルマの場合、
そのクルマ自体の価値、売却した時の値段が
下げ止まる。
尋常でないくらいまで古くなると
逆に値段は上昇に転じる。

もともと、500万円のクルマとして、
例えば、中古車市場で100万円が下限の底値で、
あとは何年経っても100万円、というケースがある。

逆に、500万円の新車は、毎年
売却する際の値段は下がっていく。

新しいクルマは修理代がかからない代わりに、
そのクルマ自体の金銭的な価値が下降していく。
これは査定を行わないと可視化されないので
気づきにくいが事実だ。

ある程度以上に古くなったクルマは、
メンテ費用という可視化される費用が発生するので
お金がかかるように見えるが、そのクルマ自体の
価値は下げ止まっている可能性があり、
そちらでの可視化されない金銭的価値の下降は
最小限、もしくは0、下手したらマイナス(=つまり価値の上昇)だ。

トータルで考えると、古いクルマに
乗り続けるのが経済的合理性に欠く行為、というわけでは
必ずしもない、と考えられなくもないかな。

なんて考えないと、キューシャは維持できないよね。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA