992登場記念、 歴代911登場時の僕の印象

僕がクルマ好きになった時のポルシェ911は964だった。
TIPが登場して、大騒ぎしていたような気がする。
確か岡崎宏治が「こういうのは日本メーカーが考えつきそうな
ものなのに、ポルシェが先に考案したのは感服する」的なことを
カードライバー誌に書いていた記憶がある。

さて、次の993が出たときは、
まだあまりよく分かっていなかったのか、
そんなにカワラナイジャン、ちょっと
スタイリッシュになったかな? くらいの気持ちだった。

ただ、964,993の時代にでたボクスタープロトは
まさに隕石が落ちたかのような衝撃だった。
圧倒的な新しさ。

sponsoredlink

続いて登場した996は、違う意味で隕石が落ちた。
がっかり。
なんだこりゃ。これが911???
当時、ポルシェの専門誌で
「996を好きになりたい」という特集があったが、
ああ、まさにその気持ちだ、と思った覚えがある。

また、下野康史が
996のことを
「オーラは死んじまっただー」と書いていたのも、
なるほど、まさに僕の気持ちと一緒だな、と
思った。

とにかくあの大好きだったポルシェ911が、
なんか軟弱なわけのわからないクルマになってしまって、
リアのガーニッシュもなくなってしまって
もう僕はどうやって生きていけばいいんだ、くらいに
悩んだ。

ボクスターはイッパツで好きになったのに、
なぜ996はこんなにダメだったのかはちょっと
分からない。

だが、996GT3は大好きになった。
これで996のことが少し好きになれた。
GT1も鈴鹿1000耐で見て超カッコよかった。

とはいえ、996のマイチェン、あれはダメだ。
ターボの投入と同時で、ターボの顔には
マッチしていたが、ターボに合わせた顔を
普通のカレラに合わせると
明らかに無理矢理感があって、整形失敗みたいな感じだった。

997。
先祖返しし、無難にまとめてきたが、
986/996であれだけ未来への挑戦をした後に
マーケティングで顧客におもねりまくった
懐古趣味を見せられると、僕は白けた。

991。
第一印象は、なんかチャラく見えた。
特にバンパー内の変わった形状のライトになんだこりゃ、と
思ったのだが、見慣れると、特にその
バンパー内のライトがいい。実にいい。
大好きになった。
これは試乗してもまるでMRのように癖がなく、
ニュートラルで驚いた。
*そういえば、上で997のことはけっこうボロクソだったように
書いたが、都市高速でカレラSに乗ったら、
金庫のような、重戦車のような重量感なのに、
走ると弾丸のようで心底驚いて大好きになった。

歴代の911は男性っぽい感じがするのだが、
991は女性っぽい感じがした。
996も女性っぽい感じがする。

ところが、その大傑作と思った991だが、
マイチェンで、半ば予想し、恐れていた事態が起きた。

あの僕が991で一番好きだったバンパー内のライトが
普通の形状になってしまった、、、

992。
リアのライトが、空冷時代の再来というよりは、
タイカンのように見える。

これも、996の頃と同じで、ボクスターならかっこいいし、
好きなんだけど、911ではなんかダメで。
992のリアも、タイカンならかっこいいと思うんだけど、
どうも911だとダメなんだよなあ、実車見たら
印象変わるといいんだけど。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA