ジムニー雑感 初雨の日を迎えて。


ジムニーで初雨の日。


こうやってみるとタイヤが細いな、、

sponsoredlink

雨の日。
旧ミニみたいに雨樋があるので、
窓を少々開けていても、車内に水が入ってこない。
そこは美点。
屋根に水が溜まるのか、
強めにブレーキングすると、ザザーーっと
フロントガラスに水流が落ちてくる。
それもまた良し。

高いポジションから、真っ直ぐなガラスや
ボンネットを眺めていると、
ああ、SUVに乗ってるんだなあ気分が
すごくあって、なかなかいい。

雨の水溜りや少々のぬかるみもなんともない。
頼もしい感じがある。このあたり、
強い相棒みたいでいいね。

後ろの席やXGならではの素通しのガラスも、
昭和な町工場みたいな感じがして
「クラシックよのう」と風流な気分になれる。
僕は、じいさんの町工場や、軽トラックを思い出す。
新型ジムニーは、昔を思い出すタイムマシーンでも
あるように思う。

そして、軽自動車なので、いくらSUVっぽいといえど
圧倒的に幅が狭いため、
車線内でドライビングラインが選択できる。
また、狭い道でのすれ違いがとてもラク。
この辺りは、幅の広いイマドキのデカいSUVでは
こうはいかない。

いいことばかり書いているが、
それなりにクセがあるので、
運転には、気を使うまではいかないけど、
ある程度それを織り込んで運転する必要あり。

例えば、ボクスターは、徹底的にフラットライドで、
ブレーキングも特に何も考えずに踏んでも
フラットなままだが、ジムニーはグワングワン
前後動がある。
オンロードでの高速スラロームとかは
とっ散らかりそうでやる気にもならない。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA