メルセデスからのDMを読んで、オヤっと思ったこと。10月からの新自動車税制


メルセデスからのDMに、10月からの
新しい自動車の税制について書かれていた。


sponsoredlink

新しい税金よくわかっていなかったが、
要するに、消費増税に伴い、

1 自動車税が引き下げられ、
2 取得税が廃止され
3 環境性能割が導入

されたということか。

こう書くと消費者にとっていいことずくめに
思えるが、環境性能「割」と言いつつ、
実際は燃費性能などによって
「0〜3%課税」されるので、割引されてるわけではない。
誤解を招きやすい、ややこしいネーミングだな、、、

んで、メルセデスの実際のクルマの例が挙げられいるのだが、
C200 ローレウスエディション(車両価格586万円)だと、

自動車税  30500円
環境性能割 95800円
自動車重量税 49200円

合計 17万5500円 と。

ふむふむ、まあこんなもんか。
環境性能割が高いな。
600万近いクルマ買うんだから、
17万円ほどは負担しなきゃいけないよね。

ところが、
オヤっと思ったのは、
S560 e ロング
車両価格1728万円の超ゴージャスモデルだ。

自動車税 12500円
環境性能割 0円
自動車重量税 0円

合計 12500円

え、マジかこれ。

何かおかしくないか???

1700万オーバーのクルマの税金が、
1万2500円なの?
どうしてこうなるの???

よく分からないなあ。

ちなみに、その中間の
E 220 d アバンギャルド
(車両価格757万)だと、

自動車税 9000円
環境性能割 0円
自動車重量税 0円

で、
合計 9000円だよ。


Share Button

2 Replies to “メルセデスからのDMを読んで、オヤっと思ったこと。10月からの新自動車税制”

  1. 環境性能割は車両金額に関わるものですが、電気自動車やプラグインハイブリッド、クリーンディーゼルなどだとまさかの「非課税」ですね~。自動車税と重量税は車両金額とは関係なくて、こちらもエコカー優遇がありますな。
    先日エリーゼを10年ぶりに車検取りましたが、古い車を長く使うのもエコだと言いたいものです。あんまクリーンじゃなくても走行距離が非常に少ないので、やっぱりエコだと言いたいのだ。走行距離を税金に反映してほしいね。

  2. 本当、まさにまさかの非課税ですね!

    あまり乗らない古いクルマこそ、究極のエコだと思います。
    あまり税金でいじめないでほしい、、、

    おっしゃるように、走行距離で反映してほしいですよね。
    一つの手としては、ガソリン税を上げて、他の
    税金を下げるというのもいいんじゃないかと思っております。
    他の税金は有無を言わせず徴収されるので、、、
    ガソリン税であれば、自分で走行距離の調整ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA