メルカリで販売。あこがれのBP’S SHOP開店か!?


ガレージセールにあこがれた子ども時代。

メルカリに興味がありつつ、今までは
とりあえず買うことで経験を積んできた。

sponsoredlink

そして、ついにメルカリ販売デビュー。

僕と同様、販売に興味があってもやり方がよく
分からない人のために、簡単に流れを記録しておく。

1 売りたいものをiPhoneで撮影。
  メルカリアプリより、説明を書いて出品。
 
2 興味を持った人が、いいねを付けてくれたり、
  コメントをくれたりする。

3 僕の場合は、しばらく売れなかったのだが、
  ある日、コメントがつき、値下げ可能ですか?
  ということだったので、値下げしたら買ってくれた。

4 購入者が、取引メッセージを送ってくれ、そしてお金を入金。
  入金してもらうと、通知が来るので、発送へ。

5 僕は、発送が一番よくわかっていなかったのだが、
 僕の場合は、セブンイレブンへ。
 店員さんに、「これをメルカリで送りたいんだけど、
 箱ありますか?」と聞くと、出してきてくれた。

 僕の場合は、やや大きさがあり、70円の宅急便コンパクト。

6 店内で、梱包。
  箱を組み立てて、緩衝材を入れ、箱に初めから
  ついている両面テープでバチっと止める。

7 iPhoneのメルカリアプリから、発送用のバーコードを表示させ、
  セブンイレブンのレジで店員さんに提示。
  チェッカーで読み取ってくれて、配送用のシールとレシートを
  くれる。

8 シールを先ほどの宅急便コンパクトの箱に張り、 
  そこにバーコードを入れて店員さんに渡す。
  この際、お金の支払いはない。

9 発送受付完了。

10 買ってくれた人が、受け取りをし、評価をしてくれたら完了。

という流れ。

一回経験すれば簡単。
8で発行されるバーコードに、送り先の情報なども出るようで
自分で宛名を書いたりする手間は不要。
よくできたシステムだね。

箱の代金や配送料、メルカリへの手数料があるので
売れたといっても、ウハウハなわけではなく、
自分の手間や時給を考えたら、あまり儲からない。

小さくて高価なものじゃないともうけはあまりないね。
逆に、大きくて安いものを販売すると、
配送料でむしろ赤字になる可能性があると思った。

いやあ、店舗構えて商売やってる人たちって
すげえわ、って思った。
モノを造ったり、仕入れたりし、
宣伝し、販売するというのを
商業ベースに載せるのは、
とてつもなくたいへんだ。

とはいえ、
モノを売るってなんか楽しい。
ウーバーも日本でもできるようになればタクシー運転手になることも
できるし、こんな時代がこようとは思っていなかった。


ってとっくに来てたが、、、
時代に乗り遅れぎみ。

  

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA