衝撃を受けた廣部剛司建築研究所の建築とバルミューダ・ザ ・ランタン


ENGINE WEB版の記事で見て
衝撃を受けた廣部氏の設計からなる
南房総の別荘。

廣部剛司建築研究所 Villa SSK

sponsoredlink

むちゃくちゃカッコいいな、、、

ガレージをこういう感じにするのって僕の理想かもしれない。
僕は、ガレージが思い切り居間とか見えなくても
別にいいかなーと思っていて、ある程度、
リビングから離れたところにあってもいいと思っている。

この南房総の別荘はその辺りの距離感が絶妙。

そして、オーナーの言葉も刺さる。

いわく、外出する時は、電灯を全てつけていく。
帰宅するときに、照明で浮かぶ別荘がものすごく美しいから、と。

僕は、バルミューダのランタンを連想した。

バルミューダのランタンも、そこにあるだけで
美しく、場の雰囲気を一気に変える。

海も山も楽しめる別荘。

そして、黒基調の外観に、中に入ると構造となる
柱がトラス状に美しく組み合わされ、
それが見えるようになっているのも非常に素晴らしい。

ガラスが大きく、バーンと外が見えるのもとてもいい。
またオーナーの言葉で、
荒れた海と空を飽きずに見ていた時もあったというのも
素晴らしい。
僕もあらしや雷雨の夜、家の中から外を見ているのが
どうしようもなく好きなのだが、それがこのような別荘から
だったらまた格別だろうなぁ、、、

久々に衝撃を受けた建築だった。

やはり家やガレージを建てたくなった。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA