人を出世させるクルマたち。クルマ購入によって人生がライジングした人々列伝。


GQ誌の稲垣記者。
僕が氏を認識したのは、GQ誌の連載、
連載:29歳、フェラーリを買う」だ。

おお、29歳でフェラーリ! 
しかも紺の360モデナなんて超センスいいやん、
とフェラーリを購入して以来、
彼に注目するようになった。

さて、本章では、人生をライジングさせるクルマについて
考察する。

sponsoredlink

稲垣氏は、29歳で中古で
フェラーリ・360モデナを購入し、
フェラーリと暮らす日々をつづる
連載企画を開始。

それ以前は、中古のラテンな小型車を
頻繁に買い替えていたそうだが、
やはりフェラーリは別格だそう。

僕も、ラテンの中古小型車を乗り換えている記事で
あれば、注目しなかったと思う。

稲垣氏は、その連載を通じて、
フェラーリオーナーの芸能人と交流をしたり、
ハイエンドなオーディオを組み込んだりする。

そして、
30歳、マンションを買う」と
いう連載も始まり、ビンテージマンションを購入。

さらにCARS 29歳、フェラーリを買う──Vol.55 いざ、新車フェラーリの商談へ! By 稲垣邦康(GQ) 2020年6月19日」では
新車フェラーリ(ローマ)の商談をスタートさせた。

この1年間で、彼は、
中古フェラーリ(360モデナ)購入 
→ ビンテージマンション購入
→ 新車フェラーリ商談

と、まさに人生がライジングしまくってる!!!
まさに万能感、天下を取ったような陶酔感を
味わっているんじゃないかなあ。

僕はこれは、彼がフェラーリを買ったことが呼び込んだ
運気の高まりなんじゃないかと考えている。

同じような例としては、自動車評論家の島下氏がいる。

2020年1月2日 投稿者: BP1178 島下 泰久 : モータージャーナリスト ロン

上の記事で考察したが、
島下氏は、911の2台持ち、
しかも確か996GT3と964RSという
ハードコアモデル2台持ちというのを
雑誌で見かけて、この人すげえ! と
注目するようになった。

その後、島下氏はあれよあれよと出世し、
ついに「間違いだらけのクルマ選び」の
名跡を継いでしまった。

大出世やん、、、

まさに人生がライジングしている。

僕視点だが、彼がライジングしていくきっかけは
あの2台の硬派な走りのポルシェだったんじゃないかなと
にらんでいる。

翻って、ワタクシ、BPですが、
初代・ボクスターを新車で購入したことにより、
自分に自信が持つことができ、
周囲から一目置かれるようになり、
また、クルマを通して、今まで知り合えなかった方々と
多数の方と知り合い、交流することができるように
なりました。

間違いなく、人生がライジングしたと言えます。
逆に言えば、もしあの時、ボクスターを買っていなかったら、
僕の人生はいまごろどうなっていたのか、
ポルシェを通じて知り合えた人々との交流のない人生を
想像すると、ちょっと恐ろしささえ覚えます。

これほどかように、クルマというのは
人生をライジングさせる、
とてつもないパワーを持っていると思う。

Share Button

“人を出世させるクルマたち。クルマ購入によって人生がライジングした人々列伝。” への2件の返信

  1. 稲垣氏の連載、擬似オーナー体験出来て素敵です。
    私もポルトフィーノを本気検討していた際、稲垣氏と同じセールスの方に対応していただきました。親切でとても良い雰囲気のディーラーでした。ローマも気になりますね〜。

    1. おおー、フェラーリディーラーで、
      同じセールスの方に対応していただいたのですね!
      それはより身近に感じられて、面白く記事が読めますよね!!

      僕もFのディーラーへ行ってみようかな、、、

      稲垣氏の連載、フェラーリも、マンションも
      擬似体験ができて、いいですよね。

      やはり身銭を切っての体験というのは
      参考になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA