【連載】空冷への道 そもそなぜ空冷が欲しいのか



空冷(993)を欲しい理由。
それは、欲しいから、だが、もう少し
掘り下げてみよう。

sponsoredlink

昔、欲しかった、僕の中の
ザ・ポルシェが、空冷993、
中でもターボボディで、ターボなしの
カレラ4Sの黒、MT、リアワイパーあり、
サンルーフあり。

まさに、欲しかったから、というのが
そのいちばんの理由だが、他の理由としては
4人で乗りたいから、
あと、
僕世代の人間にとっては、
クルマを替えることによって、
人生のステージが上がるというか、
ライジングするというか、次の段階へ
進めるような気がする。

今の若い人にとっては
(なんていう言い方をするようになったらオジサンだな、、、)
お金が貯まったら、そのまま全額米国株投資! とかだろうが、
僕世代は、お金が貯まったらクルマを買う! なんだよなあ。

その意識が、2020年、令和の時代になってもまだ
残っていて、
残り少ない人生(といってもまだ50年以上生きるつもりだが)
あと何台クルマを買えるかなあ、と考えたときに、
そろそろ本当に欲しかった空冷ポルシェを
手に入れないと、人生後悔するんじゃないかなあという
気持ちがわいてきている。


とはいえ、初めて手に入れたポルシェ
(=オーダーで発注した初代ボクスター)を手放すと、
その別れの後悔もあるんだろうなという思いもあるんだな、、

そして、空冷・ポルシェを手に入れた暁には、
シンガー、ほどじゃないけど、自分なりに
パリッとさせて、
自分の理想の空冷ポルシェを作り上げたい
思いがある。


ただ、実際問題、
コロナ禍もあり、この頃は
2台の愛車も、遠出はもちろん、出かけることも少なく、
常にバッテリーの心配をしている始末。


自転車に関しては、
モールトン、タイム、ブロンプトン、
ある程度、自分なりの理想の
究極の姿を完成させたことにより
満足してしまい、以降、それ以外のバイクが欲しいという
思いはわいてきていない。
自分の好みのマシンで走る気分は、例え
それが近所の郵便局まで、であっても最高。


モーターサイクルの自分の究極の理想も作り上げたい、
古いハーレーをベースに、、という野望もあって
学生時代から大型自動二輪免許は
(試験場で!)取得し、スタンバイしているのだが、
これはまあ老後の趣味かな。
(ミッキー・ロークのハーレーや、
伊勢谷友介のハーレーみたいな感じ)


乗りたい乗り物多すぎ問題!

さて、この状況で、
空冷モデルを迎えても、
惰眠を貪らせ、バッテリーの心配をするばかりだったら
クルマにとって不幸かもなあという思いもある

ご感想はコメントをいただくか、
Twitterで絡んでいただくとうれしいです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA