すれ違いの多い不動産店


さて、突如始まった
ガレージハウス企画。

さて、今回はN不動産店へ行ったら、
すれ違いが多くて、勉強になった話、、、d(^_^o)

sponsoredlink

ネットで見た物件を、
案内してほしくて
不動産屋へ電話したのだが、
現地を内見したいのに、
「店舗へいらして、お話を伺いたいです」と言われた時点で
最初の「?」が。

当日、お店へ伺うと、
もっと小汚い事務所みたいなところを
イメージしていたのだが、
こぎれいでこざっぱりした
なんだろう、国産車ディーラーみたいな感じ?
30代前半くらいの、髪型をバッチリ決めた、
やり手っぽい、エース?って感じの営業マンだった。

僕としては、すぐにでも物件を案内してほしかったのに、
席に着いたら
「で、家を買われるきっかけはなんですか?」と聞かれて、
え、きっかけ? そこから話すの? と2つ目の「?」が。

駐車スペースは何台必要ですか? と聞かれて、
「3台」と答えると、
「多いですね、クルマ好きなんですか?
僕、クルマ大好きなんですよー」って。
「何にお乗りなんですか?」と聞かれて
「ボクスターです」と答えたら、知らなくて、
おいおいそれでクルマ大好きなんかいっ!
「?」だよなあ。

その後、検索してて「あ、ポルシェなんですね」って。

今は賃貸ですか? と聞かれて
そうです。と答えたら
「クルマ3台置けるんですか?」
「はい」
「敷地内に?」
「はい」
って
「そんな物件あるんですね、、」って。

家賃聞かれて、「○万円です」と答えたら
けっこうしますね、、、と。

住宅ローンを使うか聞かれて、
僕は
(自分のお金を使ってもいいけど、
ローンの方が得ならローンにしよかな)っていう意味で
「まだ決めてません」と答えたのだが、
どうもこの営業マンは違う解釈をしたらしく、
やたら
「ローンがいくら組めるのかの審査だけでも早くした方がいい」と
説明を始めるので
「いや、お金は問題ないので、いいです」と言うと
何やら不機嫌に。

その後、予算を聞かれ
「X000万くらい」と答えた。
僕は、これは建築家や輸入車デーラー、
造園業者の時のつもりで
「一応目安はX000万だけど、
すごくいい提案をしてくれるなら
2倍の額じゃあ困るけど、
別に数百万くらい超えてもいい」という意味で言ったのだが、
この営業の方はそれを1万円も超えてはいけないと思ったらしく、
もうちょっと上げるとこういう提案ができる、というトークに。

また、
「エリアをもうちょっと田舎の○市まで広げると
安く提案できます」というので
いくらくらい安くなるの? と聞けば「100万くらい」って。
いや、100万くらい別にいいし、、、と思ったが、、、

商談スペースには、
レクサスやポルシェセンターみたいに
大型ディスプレイがついてるのに、なぜか
それを使わず、営業マンのサーフェスの画面を
こちらに向けて見せてくるので、
小さくて見にくい、、、

てか、しゃべり始めて5分で気がついたが、
この人、普段商談してるのはきっと何も知らない、
お金的には難しい状況の若い人たちなんだな、、と。
僕に対しても、その同じ営業トークをしているから
いちいち話がずれるんだよな、、と思った。

ポルシェ含むクルマ3台あるっていうあたりから
敏腕営業マンなら、
普段の客とちょっと違うかも? って
察するんじゃないかなあ、と思ったが、
それは難しい相談なのかな、、

「内緒の話ですが」と
一般の方が見えるサイトと別に、
不動産業者だけが見える物件サイトがあるんです、って
ドヤ顔で言っていたが、
てか、そのPW教えてくれれば、
不動産の営業マンって不要では?? と思った。

最後にまた「住宅ローンの審査しませんか?」という
話を繰り返していたが、
また考えてきます、と言って店を出た。

なんか話が全然噛み合わなくて、疲れたな、、、

その後、自分でネット検索して、土地を見てきた。

ご感想はコメントをいただくか、
Twitterで絡んでいただくとうれしいです。

Share Button

“すれ違いの多い不動産店” への2件の返信

  1. 若い営業マンには「お金に余裕がある若い人」というものが想像できなかったのかもしれませんね。今後BPさんがロイヤルオークか何かはめていたとしても、目に入らないかもしれませんね。このリシャールミルが目に入らぬか! と言っても目に入らないでしょうねw。ガレージハウスにかぎらず様々な方面へのBPさんの興味はまだまだ尽きぬようで楽しみに拝見しています。

    1. コメントありがとうございます。

      僕はもうそこまで若くないのですが笑

      おっしゃるように、僕もこういう時、
      腕時計というのは非常に役に立つアイテムだな、と
      思いましたが、
      同時にこの営業マンはきっと
      ロイヤルオークやミルも気づかないだろうな、、と思いました。
      このリシャールミルが目に入らぬか! っていいですね!
      一度、言ってみたいセリフです!!!
      *ちなみにこの営業の方はサブマリーナのパチモノっぽいのを
      巻いておられました。

      いろいろと興味関心がふらふらと各方面へ彷徨っておりますが、
      これからもお付き合いいただけますと非常にうれしいです。
      今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA