ついに時が熟したか? ガレージハウス


さて、空冷や時計を探しつつも
一向に見つからない2020年を送っているが、
もしかしたらついにガレージハウスの時が熟したかもしれない、、と
考え始めた。

sponsoredlink

僕としては、
1 中古戸建て
2 土地買って、建築家に頼む
3 新築建売
4 新築ハウスメーカー

のような感じで、1、2の選択肢が
いいかなあと思っている。

というのも、日本においては中古ってあまり人気がなくて
安い。
ほぼ、建物はタダって感じ。
昨今のESD的思考もあり、だったら中古がいいじゃん、って思う。

また、英国人は、中古の家を買って、
自分の好みにリフォームするというのを知り、
自分もやってみたい! というのもある。

ただ、日本の場合、ボロボロか、
まだ新品みたいな新古車のような
元建売の中古戸建てが多く、
注文住宅が、5〜10年ぐらい経った、という
僕の求める中古の家がほとんど見つからない。

今まで知らなかったのだが、
中古の不動産って、お店は本当に仲介するだけで
持ってるのは
前の持ち主なんだね。

クルマのイメージで、物件をお店が買い取って、
それをこちらが買う、と思っていたのだが、
お店は情報を持ってるだけで、
最終的には、相手方から個人売買?みたいな感じで
買うっていうことを初めて知った、、、

土地を買って、建築家に頼めば
最も理想に近いものができるが、
費用的なことや期間的なこと(2年ぐらいかかるか、、)
などがネックといえばネック。
そして、自分の理想、というのをゼロから描くのが難しい。
今あるものを、ここをこうして、っていうことはできるけど、
いざゼロから理想をかなえてくれる、と言われると
自分が好きなものが何かがよく分からなくて難しい。

その辺りからも、中古戸建てを買って、
建築家にリフォーム、リノベを依頼するのが
ベストだと考えているのだが、
土台となるいい中古戸建てがなかなか
見つからない、というスタート地点。

ご感想はコメントをいただくか、
Twitterで絡んでいただくとうれしいです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA