ガレージハウスへの道 注文住宅のモデルハウスを見てきた


地元で建ててるとこを見た
注文住宅Aのモデルハウスを見てきた。


画像はイメージです

sponsoredlink

アポなしで飛び込みで。
ショールームは意外と広かった。
キッズスペースがドーンと一等地にあった。

さて、営業さんにガレージハウスのモデルハウスを見せてもらう。
やっぱりガレージは上がるねぇ。
この空間は絶対いいな、って思った。

一方で、このハウスは、居間からガレージがガラス越しに見える構造だったが、
僕が以前からたまに書いてるように、
僕の場合、リビングからガレージ内のクルマが
見える必要はないな、と
改めて思った。

いや、リビングからクルマが見えるのは別にいいんだけど、
逆に、例えば僕がガレージにこもって作業しているのが
リビングから丸見えじゃんね、、、

ガレージは、やはり家からはある程度隔絶した、独立した
空間の方が僕は好きだな、と思った。

こちらの営業さんにも
「ところで、年収はいくらですか?」と
いきなり聞かれ、え、初対面なのに?? と絶句し、
「いやあ、ちょっと」と誤魔化したら
途端に目に見えてやる気がなくなるのが分かった。

予算を聞かれるなら分かるけどね、、
例えばポルシェセンターでいきなり年収聞かれたら、えってなるよね?
でも「予算は?」って聞かれれば、例えば、1500万です、とか
800万ぐらいで考えてます、って言えるけど、
年収聞かれるのは、ちょっと、と思う。


やっぱりこういう時用にロイヤルオークが必要か??

てか、家買う相談に来る人たちって蓄えないの?
こういうところへ家買いに来る人って
蓄えゼロで、年収=住宅ローンが組める額=住宅購入予算額
の人が多いのかなあ。

注文住宅の営業マンに、その後
「ところで、お金はあるけど、あえて住宅ローン借りる人いますか?
それって得ですか?」と質問したら、
Aの営業マンは、過日の営業マンほどボンクラではなかったようで
意味が分かったらしく、またやる気を出して目つきが変わって
住宅ローン減税のことなどを説明してくれた。

以前、同僚が、
「住宅展示場とかで、営業マンに会社がバレるとその後、
めっちゃしつこいよ」と言ってたので、
いろいろバレたくないんだけどね、、、

さて、今回、モデルハウスを見て、
やはりガレージは絶対必要と再確認できたのが収穫だった。
やっぱりいいなあ、ガレージハウス。


そんなにたいした会社じゃないです。


僕の場合、ビルトインでなくてもいいです、車庫でいいです。

ご感想はコメントをいただくか、
Twitterで絡んでいただくとうれしいです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA