【書評(読書感想文)】二重スパイ コード・ネーム「ガルボ」: 史上最も偉大なダブル・エージェントがノルマンディ上陸作戦を成功に導くまで


今年読んだ中で今んとこ
ナンバーワンの本。

面白かった!

sponsoredlink

ノルマンディー上陸作戦の裏に、
このようなスパイによる情報戦があったとは、、、

英国とドイツの駆け引きがすごいね。
そして、MI6の最強のスパイは、スペインから
自ら売り込んできたフリーのスパイという、、、

本当、事実は小説よりも奇なりのお手本のような出来事。

これ、小説だったら、
いくらなんでもドイツがそこまで間抜けじゃないっしょ! って
ツッコミたくなるくらい、英国情報部の読み通りに
ことが運んでいて、何箇所かは声を上げて笑ってしまった。

願わくば、この顛末をドイツ側から描いたものも
読みたいが、それは無理だよね。

いやしかし、これを読むと、
このMI6の情報戦が成功しなかったら、
ノルマンディー上陸作戦や第二次世界大戦の結末も
けっこう変わっていたんじゃないかって思わされるよね。

ところで、WW2の時、
日本もこのような高度な情報戦を
仕掛けていたのかなあ、、、

ご感想はコメントをいただくか、
Twitterで絡んでいただくとうれしいです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA