世に棲む日日 高杉晋作


司馬遼太郎、「世に棲む日日」を読んでる。
純真で真っ直ぐながら狂気の人・吉田松陰もすごいが、
怪物・高杉晋作も面白すぎる。

高杉晋作に関しては、
下関戦争の講和交渉で、
無理矢理の理屈をイギリス側にぶった話、
超痛快で抱腹絶倒だが、
英国公使館焼き討ち事件もすごいな、、、


画像は、織田信長の作った大手道。
(時代が違う)

sponsoredlink

今の時代からすると、
外国公使館に火をつけちゃう時点で
むちゃくちゃだが、
その後、長州に連れ戻される
道中、夜毎に娼館で
コトに及ぶ、というのが
もうなんというか、
コンプライアンスに縛られ、
早起きしてジョギングしちゃうし、
老後のために積立NISAやiDeCoしちゃう
現代人とは
根本的にメンタリティが全然違うよね。

幕末の志士のメンタルって
戦国武将のそれに近いのかな?
いつ死んでもおかしくない、
むしろ死に場所を探しているかのような
生き方だよね。
1日1日の生き方の濃さが全然違うような。

ご感想はコメントをいただくか、
Twitterで絡んでいただくとうれしいです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA