不安を書き出すことで減少させたり、解消させたりすることを試みるハック


振り返ってみると、これまで不安の多い人生だった。
「最悪の状況を想定し、最上の結果を得る」というのが
若い頃の座右の銘だったこともあり、
いつも不安だった。

そしていま、また特に不安が多い。

朝、仕事を始める時も
不安で不安で軽くパニックになりそうなほど。

sponsoredlink

そういう時は、以前より
メモ帳に今日1日のto doリストを書き出すと、
やるべきことが可視化され、
漠然と感じていた不安、やること多過ぎで
つぶれそう、というのが
to doが書かれた
メモ帳を見ると、やること意外と多くないな、
それに、これとこれとこれは案外すぐ終わるじゃん、
って心が落ち着く。

今の不安についても、書き出してみて、
対策についても考察して
不安を減少させてみたい。

1 仕事のプレッシャー
  
 対策
  確かにプレッシャーは大きいが、
  有能な同僚や上司が助けてくれるため、
  なんとかなるのでは?

  また、就職氷河期時代、
  当時新卒だった頃みたいに
  ミスしたり、仕事に対する姿勢が甘いと、
  上司や職場の先輩から激詰めされる時代では
  なくなりつつあるから、
  その点も不安を減少させてもいいかもしれない。
  * 
  あの頃は、キツかった、、、
  *
  今の若いもんに言っても信じられないだろうが、
  あの頃は、
  すぐに人気のないところへ呼ばれて詰められたり、
  人前で怒鳴られたり、
  強制参加の飲み会(平日の夜に、しょっちゅうあった。
  夜8時ぐらいにスタートで、夜11時ぐらいまで)で
  先輩や上司から3時間ずっと説教やダメ出し(しかも自腹で参加)
  ってことが割とフツーだった。
  *
  嫌ならやめろ、代わりはいくらでもいる、って時代。
  *
  コロナで飲み会がなくなったのは、本当にストレスフリー。

2 資格試験
  
 対策
  仮に合格できなくても、
  むしろそれでpendingされて、
  良い状況になる可能性さえある。

3 リモートワーク対応
  会社では、リモートワークの実施の指示があるものの、
  直属の上司や同僚らは全然リモートしておらず
  相変わらず出社を続けている。
  日本社会によくある
  「やれという指示は出るけど、 
  それを真に受けてやってると、周りからドひんしゅく」
  という状況にならないか、不安。
  (一方で、満員電車での通勤をして感染、のリスクも
  ちょっと不安)
  
 対策 
  これはどうなんだろうね。
  僕の場合、一応、同僚らに「リモートしてていい?」と
  確認した上での
  リモート勤務だから大丈夫なのかな?
  忖度して、リモートしてると
  サボってると思われない? とか
  出社してる同僚に負担かけてない? とか
  不安になり過ぎかな?
  (弊社の場合、リモートと出社のハイブリッドなので
  そもそも、完全フルリモートというわけではない)

4 コロナ禍
  コロナって、本当に恐れるべき事象なのか、
  過剰に世間が怖がりすぎなのか、
  見極めが難しいような。
  近頃、知人の知人あたりでは感染の話を
  よく聞くのでだんだん身近になってきた感は覚える。

 対策
  感染対策、リモートワークをなるべく取り入れるなど。 
  コロナ関係のデータについて確認する。

5 クルマ、土地、家の購入問題
  上記のものの購入する機は熟したように思う。
  逆に、ここ1〜2年ぐらいの間に購入しないと、
  僕自身がいろんな意味で
  さらに時間が取れなくなり、
  該当のものを探したり、
  設計の打ち合わせをしたり、ということが
  できなくなる危惧がある。
  空冷に関しては、値段がどんどん
  上がっちゃって、今後、
  もう買えない領域までいって 
  しまうのではないか。
  
 対策
  万一、この1〜2年ぐらいで
  getできなかったとしても、
  クルマも住むところも現状、
  いちおうあるわけだから、
  なくて困ってしまうということはないかな。

6 東京五輪は開催できるのか

 対策
  よく考えたら、
  僕は東京五輪の関係者ではないし、
  チケットを購入してるわけでもないので、
  僕が心配する必要性がそもそもそんなにないかも。
  *
  関係者の方々は、気が気でないだろうが、
  僕が勝手に不安になって心配する必要性は
  そこまで高くないと思って不安を減らそう。

7 座右の銘
  冒頭に記した
  「最悪を想定し、最高の結果を得る」や
  「今日できることは今日中に」という
  座右の銘はもうやめて、
  「明日やるべきことは、あさって考える」
  「不安なことの9割は起こらない」
  「困った時は、優秀な同僚や上司が助けてくれる」
  というような座右の銘に変更し、
  過剰に忖度するのをやめ、
  もう少しワガママに、自分中心に生きていこう。

  あとは、やっぱり没頭するような趣味があると
  不安忘れるよね。
  読書、ドライブ、散歩、自転車などの行為をしてる最中は、
  不安は消え飛んでいるような。

さて、こうして書き出してみたことで、
漠然とした不安が可視化され、
いずれも、対策が取れることが分かった。
少し不安は減少したかな。

書き出してみて思ったが、
他の方からしたら、
なんだこの程度のことを不安に思ってるのか、、、
という程度の内容かもしれないな。

ご感想はコメントをいただくか、
Twitterで絡んでいただくとうれしいです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA