初代B・986との邂逅。

過日、仕事帰りに、
初代Bこと、986型とすれ違った。

この頃、初代はほとんど見かけなくなったので
珍しい。

色は、赤系で
ワインレッドだったかもしれない。
きれいな色。

sponsoredlink

その時に、
だんだんとクラシックカーの仲間入りを
しつつある初代は、
なめらかな曲線、凝った
いい形をしているなあと
見惚れてしまった。

きれいな色だったので、余計に。

よりクラシックで、
「ポルシェ!」感の強い
唯一無二の存在である空冷を探している僕だけど、
986の形もやっぱりすごく好きだな、と思った。

イルカのような、造形。

そして、やっぱり現代のクルマよりも、
形が凝っている気がする。
手が込んでいるというか、
うまくいえないけど、
手がかかっている感じ。
コンピュータではなくて、手で描いた線というか。

986は、今見ると本当にコンパクトで
小舟のような感じがして小粋だよね。

ご感想はコメントをいただくか、
Twitterで絡んでいただくとうれしいです。

Share Button

「初代B・986との邂逅。」への2件のフィードバック

  1. 初代ボクスター、黄色と黒が好きです。
    20年くらい前のネオクラはいいですね。

    1. 20年くらい前のクルマがよく見えてしまいますよね。
      おじさん化したのか?!? とも思いますが、
      あの頃のクルマってデザインも性能もいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA