マーヴェリックを見たきたネタバレ回

マーヴェリック、最高の続編ではなかろうか。

1985年のトップガンは、まだ子供で映画館では観てないが、
テレビの放送を録画して、多分20回以上は見ている。
トムクルーズがカッコよかった。

今作の冒頭は、まるっきり85年のトップガンと同じで、
ゾクゾクしつつ、このままずっと全部一緒だったら
どうしよう?! とも思ったがそんなことはなく、
トムクルーズは大尉から大佐になっており
(それ以上の昇進は断って現場で飛び続ける)
物語はそう来たかという展開。
この先ネタバレあり。

sponsoredlink

戦闘機、テスト機パイロットにして
プライベートでも大戦時の戦闘機のレストア(トムの私物!)という
人物像がトム自身を投影してしまって、泣ける設定。

ストーリー的にはいや、いくらなんでも奇跡起こりすぎでしょう、
と思いつつも、トム映画だから、これぐらい当たり前か、と
思い直す。

そもそも、F35でなくF18を使う理由は、
老兵であるトム大佐が第一戦で活躍することに
意味を持たせるのが最大の理由だと思う
(F35なら流石に若者が操縦した方が強い?)が、
あの特別任務がF35はダメで、F18が出て行く理由が
よく理解できなかった。

個人的には、ラストのスターウォーズ 最後の希望 作戦みたいなところで
トムが殉職して、ハルマゲドンみたく「大佐は立派でした」みたいな終わりかな、
その方がよかったかな、と思ったが、あそこから
トムの超人ぶり、いくらなんでもそりゃないっしょ、っていう映画ぶりが
暴走していくような!?!
F14、そこで出てくるの?! しかもスイッチ入れたら、飛ぶんかい!!
ランウェイはボコボコなのに、飛び立てるんかい!! って
もうそれで5個も6個も奇跡を使っちゃってるよ!!!

てか、最後、ハングマン(旧作でいうアイスマンの役どころ。なんか
カジノロワイヤルの悪役にしか顔が見えないんだけど、、、)が
ハン・ソロばりにかっこよく登場して敵を蹴散らすシーン、
あそこはF35でいいのでは???
第五世代戦闘機を蹴散らせないよね。

ロマンス関係も、(擬似)親子関係のもつれも、
全て解決して、これ以上ないハッピーエンドって
まさに80年台のハリウッド映画的なノリの
終わり方のような。


かっこいい女性代表みたいだったケリー・マクギリスが出てないのは
残念。今作のヒロインというかマドンナも、旧作同様
古いポルシェに乗ってるのは胸熱。
職業・戦闘機パイロットで、プライベートシーンでも大型バイクで
かっ飛んでるトムも最高。

まさに続編の作り方のお手本のような、
あれから30年以上が経過したからこそ
作れた、今が最高のタイミングだった
トップガン・マーヴェリック。
ツッコミどころはいっぱいあるけど、
それも含めてとっても楽しめる映画だった。
来年のミッション・インポッシブルの楽しみ(上映前の予告編で流れてた)。

あ、今気づいたが、グースの息子だから、ルースターだったのか、、、

Share Button

「マーヴェリックを見たきたネタバレ回」への2件のフィードバック

  1. 最高の続編でした。
    冒頭からもう感激の連続で、最後までトムクルーズ三昧で言うことナシ。
    ただ、最後にF14が空母の管制塔を飛行した時にコーヒーをこぼして欲しかった。

    1. 最高でしたね!!
      まさにトムクルーズによるトムクルーズを鑑賞するトムクルーズ映画でしたよね。

      確かに、コーヒーをこぼすのまた見たかったですね!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA