「未分類」カテゴリーアーカイブ

8月19日(金)夢・出逢い・自転車

電車はまだ少し空いてます。学生さんたちがいないからかな?
ただ、狂ったような熱気は去り、
秋っぽい清涼さ、涼しさを感じる一瞬も。

空もちょっと秋っぽいような。

仕事は、今週は乗り越えられるか心配なほどの
質、量ともにマッシブな1週間でしたが、
なんとかナントカ納めることができました。
ただ、また来週が超ハードモードな1週間なので
無事に終えられるか心配。
しかし、勤務時間外にそのことを心配するのも
モッタイナイので、なるべく考えないようにします。

続きを読む 8月19日(金)夢・出逢い・自転車

8月14日(日)有限と微笑の日曜日 続く森博嗣研究


森博嗣研究室と化している私の浮遊書斎のデスク。

お盆だが、森博嗣研究に熱中している。
2001年のウェブ日記「数奇にして有限の良い終末を」の脚注で
アンチハウスがガレージハウス誌に掲載されていると一言、
書いてあったのを見逃さず、調査開始。

それが2003年の秋号であることを突き止め、
探しに探して、某所にて発注をかけてしまった。
届くのが楽しみだ、、、
アンチハウス関係は、僕が森博嗣研究で特に力を入れている分野。
(もちろん書籍も持っている)

続きを読む 8月14日(日)有限と微笑の日曜日 続く森博嗣研究

8月は封印サイトは日記を書きつけるか、8月1日(月)

森博嗣研究を続ける中で、自分も
日記を書いてみようかなあ、8月限定で。
どこまで続くか分からないけど、、、

本日は、晴れ。朝から暑い。
会社まで無事に着けるか心配になるほどの暑さ。
電車は学生がいない分、空いている。
感染症も炸裂していて、
出社を控えているサラリーパーソンも多いかもしれない。

続きを読む 8月は封印サイトは日記を書きつけるか、8月1日(月)

森博嗣研究は続けています。最近は日記やエッセィを読んでます&過去の森博嗣の足跡をたどっています。

夏の自由研究テーマ「森博嗣」の僕は
変わらず森博嗣研究を続けている。
今は、「封印サイトは詩的私的手記」「毎日は笑わない工学博士」
「TRUCK&TROLL」「MORI LOG ACADEMY13」「森博嗣のミステリィ工作室」を
同時並行で読みながら研究中。

続きを読む 森博嗣研究は続けています。最近は日記やエッセィを読んでます&過去の森博嗣の足跡をたどっています。

輸入車ディーラ敏腕営業マンの袖口チェックによるアポーウオッチとスイス製高級機械式時計に関する考察

以前、10年以上前かな、
某輸入車ディーラーの敏腕営業パーソン、
いつもスーツをパリッと着こなし、髪はオールバック、
物腰は柔らかく、そして袖にはフランク・ミュラー。
ああ、これがデキる営業マンっていうものか、というのを
見せつけられた気がしていた。

時は流れ、令和の時代。
輸入車ディーラーの営業マン・ウーマンは平均的にレベルが上がり、
皆、感じよく、よく気が利いて間に合う人ばかりになった。
そして、そういう人たちの袖に巻きついている時計は、、、

続きを読む 輸入車ディーラ敏腕営業マンの袖口チェックによるアポーウオッチとスイス製高級機械式時計に関する考察

第1期(自設計の家)から第2期(アンチハウス)、第3期(外国の涼しいところ)の森博嗣の分類について

森博嗣研究を続けている。
2022年の夏休みの自由研究テーマにも「森博嗣」を選んだ。

氏のエッセィや日記を読みまくって、僕は
森博嗣氏はその住んでる場所によって
今のところ3期に分類できるのではないかと考えている。

すなわち、20代、国立N大学の教員として勤め、親の家の敷地内に自設計の家を建てた第1期、
小説家デビューし、それで得た印税で庭園鉄道を実現した弁天ヶ丘の家&アンチハウスの第2期、
大学教員の職を辞し、作家業も引退して外国の涼しい場所に居住されているという第3期(現在)。

続きを読む 第1期(自設計の家)から第2期(アンチハウス)、第3期(外国の涼しいところ)の森博嗣の分類について