タイム アイゾンのカーボンシートピラーについて

 タイム アイゾンに乗っていると、
自転車屋さんで股下を測定して
設定したシートピラーの
高さがどうも低いような気がしている。

 

 

sponsoredlink

 カーボンは、パキッと折れてしまうことが
あるから、力任せに締めないでください、との
注意を受けているし、いたるところに
締め付けトルク?が書いてあるためビビりまくる。

 とはいえ、緩める方は大丈夫だから、
緩めてピラーをあげようと思うのだが、
これがギュンギュンに固い!
 フレームとピッタシ一緒のため、
あげようと思ってもウンともすんとも言わない。
 精度高すぎだろ…
 僕の力じゃどうにも動かないし、
あんまり無茶にやりすぎて、どっか
折れても怖いし。

 作りが良すぎるのも怖いものだね。

 いやあ、それにしても、ものすごい機能美。
 戦闘機を眺めているように、全然飽きない。

 マットブラックに白文字でTIME、って
めっちゃかっこいいよね。センスいいな、オレ。
じゃないか、タイムか。

 
 昨日書き忘れたが、アイゾンで走っていると
空気抵抗がすごく少ない気がする。
 自転車なんて、どっちみち前面投影面積が小さいから
空気抵抗なんてそう関係ない、と思ってたのだが、
全然違うんだねぇ。
モールトンとブロンプトンは空気抵抗の差は
感じないんだけど、タイムは明らかに違う感じがする。
 やっぱり戦うマシンは違うねぇ。

Share Button

投稿者: bp1178

クルマ、自転車、飛行機など乗り物全般が好き。 スターウォーズサーバント。アップル信者? 英国へ毎年出かけるのがテーマ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。