究極の遊びについて考える。

 先日の「クレージージャーニー」の
BASEジャンプをする人を見ていて、
究極の遊びについて考えさせられた。

 エクストリームな人は、
趣味もエクストリームだよなぁ。

 スカイダイビングなら僕も経験あるのだが、
気持ちよかったなぁ、、、
 ストレス吹き飛ぶよね。
 降りてから、高山病になってしばらく
気持ち悪かったが、、
 
 
 

sponsoredlink

 仕事で、いつが休めるか分からないこともあって、
なんかこのごろ、遊びがイマイチ。
 しっかり予定立てても、ドタキャンに
なりそうで怖くて、結局
休日が体を休めるだけになってる。

 
 究極に楽しい遊びって何かなあと考える。

 スカイダイビングはかなり上位に入るな。
あとは飛行機の操縦とか、サーキット走行とか
ロッククライミングとか旅行とかかな。

 友達と食事会、飲み会。

 時計とかをめでる、ってのは
どうかなぁ。究極の趣味にはならないかなぁ。
 人生をがんばる起爆剤というか燃料にはなるし、
仕事しながらも見ることができる

 僕はそこまでお酒は好きじゃないから
そっち方面を極めていくのも方向性が違うかも。

 動画編集とかも趣味かな。
 これは楽しいけど、見せる機会がないといかんね。

 シアターやオーディオも趣味だね。

 ガーデニングもいいな。

 白洲次郎の父がはまっていたという
建築はある意味、究極かもね、、、
 建築道楽、ってめっちゃ楽しそう。

 
  
 でもこう挙げていくと、僕って何か一つに
打ち込むというより、ちょっとだけかじって
ふらふら〜といろいろやりたいタイプなのかな、、、

 

Share Button

投稿者: bp1178

クルマ、自転車、飛行機など乗り物全般が好き。 スターウォーズサーバント。アップル信者? 英国へ毎年出かけるのがテーマ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。