サドル問題とシートと自転車の関係

さいきん、また自転車熱が沸騰中。

例年だと、冬は寒くて乗らなく、
自転車熱もシーズンオフなのだが、
今シーズンは違う。

例年と違うところは、
自転車通勤の距離が伸びたところ。

sponsoredlink

そしてそのためにちょこちょこと快適仕様に
改善をしており、特にサドル交換が大きい。

TIMEはアリアンテとなり、
ブロンプトンはブルックス スワローを装着。

特にスワローが素晴らしい。
革サドルなんて、ノスタルジーと雰囲気だけのオワコンかと
思ってたら、これが超素晴らしい。

最初は僕のお尻にフィットせず、ゴツゴツしていたが、
しばらく乗っていたら完璧に僕のお尻にフィット。

見ためはさほど変わらない、数ミリ単位で
サドルが凹んだかな? という感じだが、
座ると全然違う。
レカロシート以上、僕の体から型をとって作成した
F1のシートみたいに完ぺき。

これに座りたいがためにブロンプトンに
乗りたくなるほどだ。

ブルックスおすすめ。
TIMEやモールトンもブルックスにしたいくらいだ。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA