マクラーレンF1(ゴードン版)について調べてみようとしたら、まさかの展開が。


僕の大好きなマクラーレン・F1について
読んでみよっかなーと
「マクラーレン F1」で検索すると出るのは
ロードカーじゃない、F1マシンの方ばかり。

ホンダ 公式HP 大いなる軌跡

sponsoredlink

そこで、
「マクラーレン F1 ゴードン」として検索かけて
出てきたのが、先のリンクのページ。

そして、読んでみると、ゴードン マーレイがNSXについて
アツく語っている、まさにNSXへのラブレターという内容。

だが、激しく動揺して、URLを2度見、3度見して
確認してしまったが、これ、ホンダの公式ホームページだよね、、、

マクラーレンF1を作り上げたゴードン・マーレイが
フェラーリやポルシェのことを厳しく批評し、
NSXのことをべた褒めしてるとはいえ、
ホンダ公式がこの記事を載せているのは
違和感があるなあ。

ここにもマーレイ自身が書いているが、
マーレイはロードカーのマクラーレン・F1用のエンジンとして
当時、F1でタッグを組んでいたホンダのエンジンを望み、
ホンダを説得までしたのに、ホンダはエンジン開発、
エンジン提供を断っている。
みすみす稀代の名車マクラーレンF1へのエンジン供給という
栄誉をBMWにかっさらわれているんだよね、、、

そんな経緯がありながら、
「ゴードン・マーレイさんに褒められました!」的な感じで、
こんな記事をのほほんと
公式ホームページに載せててホンダ、アタマ大丈夫か??
と思ってしまうよ。

2019年はレッドブルホンダとして
そんなモヤモヤした気持ちを吹き飛ばすくらい
活躍して、新たな伝説をつくってほしい。

*ところで、話を現代のF1シーンに戻すと
 喧嘩別れしたマクラーレンはまださっぱりで
 今の所、紆余曲折経てレッドブルと組んだホンダは
 よかったよね。
 あのままマクラーレンにボロクソ言われながらも
 タッグ継続しなくて今回はナイス判断だったかも。

Share Button

2 Replies to “マクラーレンF1(ゴードン版)について調べてみようとしたら、まさかの展開が。”

    1. そう、ゴードンマレーって人の動向って
      常に気になりますよね!

      またマクラーレンF1みたいな妥協を排した
      スーパーカーもやってほしいし、
      もうちょっとお手軽なスポーツカーや
      シティカーも手がけてほしいと思ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA