台風がくる。


台風がくる夜。

sponsoredlink

仕事も今日は早く帰り。
家の周りのものを片付け、
台風に備える。

このただならぬ雰囲気、
大人になっても、つい
ドキドキしてしまう。

僕は、晴れ→雨 へ変わる天気なだけでも
妙にゾクゾクワクワクしてしまうのだが、
台風が来る前は格別。

あまりにも台風が強くて
被害が出るとよろしくないのだが、
それでも台風が来るってだけで
ワクワクしてしまう。

こんな時こそ、ジムニーがいるといいのに。
ジムニーがいたら、暴風雨の中、
パトロールに出かけてしまいそうだな、、、

Share Button

“台風がくる。” への4件の返信

  1. その感覚分かります。私が昔書いた詩を投稿してみたいと思います。
    ーーーーー
    「たいふう」

    かぜがつよい なにがとんでくるかわからない でもきもちがいい たいふうのせい
    だ いもうとはねつがでて ねている じてんしゃにのれないし いもうととあそべ
    ないので つまらない こんどは ははがねつをだした いもうとはねつがひいた 
    ちちはしごとだ いもうとと ははのかんびょうをした びょういんから せんせい
    がきた いもうとは つかれたから ねてしまった

    ぼくは

    たいくつなので ぼーるをもって ひろくんちに いった ひろくんちは ばたや 
    なので やねが ばたばたいってた ひろくんは いつもはなくそで はなのあなが
     ふさがっているので うまくしゃべれないので みちには くるまが はしってな
    いので そふとてにすで はんどてにすをしたら ぼーるが たいふうで とばされ
    たので あわててふたりで おいかけた あの おでんやの うらみちへ

    うらみ

    いやだ
    あそこは いやだ
    いつも おにたちが みちばたに すわってるんだ
    ぼくを くおうとして まっているんだ

    たいふうだ
    たいふうが くるんだ
    ぼーるも やねも なにもかも とんでいくんだ

    かぜがつよい なにがとんでくるかわからない でもきもちがいい たいふうのせい
    だ びょういんから せんせいがきて さんぼん ちゅうしゃをうってくれた はは
    もよくなった いもうとは おきた よる そらとぶえんばんが とんできた しゃ
    しんやてれびでみるよりも きれいだ なにがとんでくるかわからない でもきもち
    がいい たいふうのせいだ

    ぼーるは ひろくんに あげた

  2. takaboさん、詩人ですね!
    おいくつぐらいの時に書かれたのでしょうか。
    じてんしゃやくるま、そらとぶえんばんまで、
    乗り物がたくさん登場しますね!

    たいふうは、人の心を揺さぶる何かがありますよね。

    つい先ほど、我慢できずに
    外をしばらく散歩してきてしまいました。
    まだ風はあまり強くないです。

  3. これは小学生の時の日記が元になっていますが、詩として再構築してネット上で発表したのは15年ぐらい前です。あるネット詩の賞を頂いたものの一つです。今回コメント欄に投稿させていただいた際に、変なところで改行されてしまってお見苦しい点がございましたことお詫びいたします(そのように狙って書いたものとして受け取って頂けたのならそれでもかまいません笑)。

    1. こちらのコメント欄でうまく表示がされなかったとのこと、
      申し訳ないです。

      小学生の時から情感豊かな表現をされていたのですね。

      ネット詩の賞を受賞されたとのこと、
      takaboさんは本当に多才な方ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA