【祝】ポルシェから新型911フェアのお知らせが来た。


来週の新型911(992)のローンチを控え、
各ディーラーでは準備が進められていると思うが、
わが家にもinvitationが来た。

sponsoredlink

通常のハガキ形式のDMとは違い、
基幹モデルのフルチェンとあって相応に
気合が入っている。

ローンチ時のinvitationで僕の記憶に鮮明に残っているのは
E46のお披露目のお知らせ。
凝った三角形の造形の封筒に、アポロの月面着陸の時の足跡、
そしてE46のミニカーが同梱されていて、
めっちゃ気合入ってるなぁ、と思った記憶がある。

あのキットは実家の秘密基地スペースに取ってある。

そして、インターネット時代となり、
紙媒体への投資がE46発表時ほどはしない時代背景を
考えると、今回の992のお披露目キットはなかなかだ。

挨拶状に
ポルシェセンターの地図、
The new911として
ポルシェAGのエクステリアデザイナーと
ポルシェジャパン執行役員との対談や
ポルシェジャパン プロダクトマネジャー氏の
インタビューが載った冊子、
911 Photo Contestのお知らせ、
Porsche Model Line-up Price Lost、
そしてスペシャルプレゼントとして
歴代ポルシェのコースター(1つ)。
コースターは、ディーラーのフェアへいくと
残りの8つがもらえて、コンプリートできるという
集客の仕組み。

なかなか読み応えがある。
コースターも、おしゃれかも。
結構コースターのプレゼントってのは
小さいながらも小粋でいいかも。

911 Photo Contestにも挑戦しようと
早速アプリをインストールした。

冊子を見ていると、
リアの一直線のライトは、
技術的にもチャレンジで、
そして911のヘリテージとして
情熱を持ってデザインしたということが
ビンビン伝わってくる。

蛇足ながらポルシェAGの
山下周一氏のファッションチェックをさせてもらうと、
茶色の外羽根のストレートチップに
同色のベルト。
靴のつま先はしっかり磨いてあるのか、
少し色が濃くなっている。
ノータイの白シャツに
明るい紺色のスーツ。
スーツはジャストサイズを通り越して
ちょっと小さすぎないか?
袖からシャツがしっかり出ているのは
僕は好きだけど、良いとされている
チラリと出ているのではなく
思い切り出ているね。
靴下はグレーかな。
腕時計は写ってるのが小さすぎて判別不可。
ラペルについているバッチはポルシェ?
2つボタンの上1つ留めはセオリーどおり。
ポケットのフラップは屋内だけど
出したまま。
チーフはスクエアなTVフォールドか。
これもセオリーよりもちょっと出しすぎ感が
あるけど、クリエイティブな職にある人なので、
シャツの袖にしろ、チーフの出し方にしろ
あえて出しすぎで強い印象を残すことを
狙っているのかな。

確かに、完ぺきすぎる着こなしって
美しいけど、印象には残らないものね。

そして、ポルシェの全ラインナップの
プライスリストを眺めていると
なかなか香ばしい。

今や、もっともリーズナブルなポルシェは
マカン の699万か。
僕が買った時、550万だったボクスターは
今では719万スタート。

以前の、ケイマンとボクスター間での
クーペの方が値段が高いというポルシェの詭弁は
修正されて、
今はクーペモデルのケイマンの方が安く、
680万スタート。
あ、こちらの方がマカン より安いのか。

ケイマン マニュアルは680万で、PDKは727万。
マカン はPDKのみで699万スタート。

パナメーラ、カイエン、マカンが2ペダルのみというのは
本音を言えば
一つくらいMTモデルがあるといいなと思うけど、
まあ、仕方がないかな、と納得できる。

だが、911にも3ペダルが1台もない。

カレラS、4S、それぞれのカブリオレは992型で8速PDK、
それ以外のGTSやターボ、ターボS、それぞれのカブリオレは
991型で全て7速PDK。

現状、日本で新車のポルシェでMTに乗りたいと思うと、
ボクスターかケイマンを買うしかない。
せめて911にもMTを設定してほしいと思う。

カイエンにさえMTがラインナップされていた頃がなつかしい。

もっとも高額なモデルは、
911ターボSカブリオレ 2896万、かと思ったら
違っていて、
パナメーラ ターボS E-ハイブリッド エグゼクティブの
3121万円。
3000万越えは、この1車種のみ。

なお注意書きに、これは消費税8%の価格で、
10月1日以降に登録の場合は10%に基づいた価格となる、と書いてある。

消費税、本当に10%に上げるのかな、、、
よく引き合いに出される英国とか、
確かに消費税率20%だけど、
食品とか本とか0%だからね。
普通に生活してるだけなら、
消費税は体感的には0%で、
贅沢なものを買うときに20%かかってくるという感覚。

サブプライムショックがあった時は、
消費税率を下げたりといったことも
機動的にやってのけるし。

日本のように、ほぼ全てのものに10%がかかり、
軽減税率といっても8%で、2%しか変わらず、
買い物するときに逃げ道のない感じの方が
重税感があるなあ。

と、話がそれたが、新型911の実車を
見るのが楽しみだ。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA