ドキュメント 2019大晦日


さて、ボクスターのバッテリー上がりだが、
まずは自分でなんとかしてみる。

sponsoredlink

ドアの窓が下がらず、フロントのフードも開かない
完全放電状態、、、

手持ちのBEATITのモバイル
給電パックをまずは
運転席足元のフューズボックスの中の
下から2段目、赤くて引き出し、+と買いてある
部分に接続。

これでイグニッション回してみるが、
うんともすんとも言わず。

これは、自分では無理だな、、ということで
自動車保険のロードサービスを呼んだ。

大晦日で込んでるかな、と思ったが、スムーズにきてくれた。
ありがたい。

アタッシュケースのような大型のモバイルバッテリー?をつなぐと
見事、フロントフードを開けることができ、
そしてアクセスできたバッテリーをテスターで確認すると
やはりかなり放電されている。

電源を接続し、電源オンにししばらくしてから
イグニッションオンにすると、かかった!
良かった。

そのまま充電のため、ドライブがてらパトロール?

大晦日は、ありえないくらい道が空いてて
気持ちいい。

お店も休みところが多い。
僕は、年末年始の営業時間のお知らせとか
みると、すごく萌える。

ちょっと前の欧米社会って、日曜日がこういうヵんじで、
ああ、まるで日本の正月みたいだ、と思ったものだ。

欧米はそれからだんだん週末も営業するようになり、
一方で日本は働き方改革で労働時間や営業時間は
短縮傾向(にあるのかな?)。

この先、10年、20年先に、どちらが正解となるのかな。

パトロールしていて、洗車場やガソリンスタンドは
超満員のことに気がついた。

やはり新年をきれいなクルマで迎えたいという気持ちかな。
お正月にあいさつ回りする方も多いだろうし。

あと、シャトレーゼもすごい人だった。

空いてる道をボクスターで走るのは、
戦闘機で哨戒飛行をしているかのような
気分になる。
低いところを走ってるはずなのに、
上空から見下ろしているかのような
気持ちになるのは不思議だ。

2019年、いろいろあったが、
いよいよ終わり。

年末年始、
間違いだらけのクルマ選びを買って
読んで過ごしてます。
しっかり読むとすごく勉強になる。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA