今こそ、空冷ポルシェについて考える。


2019年、ジムニーがやってきたことによって
僕のファーストカーについても考え方が変わってきた。

sponsoredlink

ジムニーという信頼性抜群で、維持費も激安の
頼れる相棒を得たことで、
ファーストカーはもっと冒険してもいいのではないかという
心境になりつつある。

となると、僕のボクスターよりもっと古いモデルでもOK。
そして、そういったモデルはもう値段がそんなには
下がっていかないので、資産価値的にも望ましい。

また、最近、岸田チャンネルの影響で、空冷ポルシェいいなあと
思っている。
一生添い遂げるつもりだったボクスターを買い換えるなら、
空冷で僕が一番好きな993かな、と。


僕が好きな911は、まず993。
それから996GT3(初期型)。
さらに991(前期モデル)。
基本的に911は無骨なオトコ、
武士っぽいと思っているが、
上記の3つは、女性っぽい。
壮麗な美女、って感じがする。

993の相場を軽く調べてみると、
役物でなくてATなら600万円台から
あるのね。一時期よりは買いやすくなった。
MTになると、グッと高くなったり、
ASK表示になったり。

GTなんちゃらとか、役物になると、2000万くらいになるので
かなりお高い。

僕的には、役なしで、MT、できたら黒、できたらサンルーフとか
タルガモデル、と思う。

そして、実用性無視でいくなら、
死ぬまでに一度は乗りたい
フェラーリも検討に入ってくる。
好きなのは、MTモデルのある360。
348も実はけっこう好み。

ジムニーという鉄壁の信頼性のおけるクルマの存在が、
ファーストカーのクルマの趣味性をより高める結果になっている。

遠くない将来、クルマは電動車や全自動運転車しか選べなくなる
可能性もけっこうあると思っているので、こんなにも
自由にクルマ選びができるのは、あと何年かだけの
特権かもしれない、、、

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA