僕が使用するメッセージアプリについて


メッセージアプリについてだが、
秘匿性の高い情報をやりとりする必要のある僕は、
セキュリティがしっかりした
メッセージアプリを使いたいと思っている。

僕が主に使っているのは2つ。
iMessageとSignalだ。

sponsoredlink

メッセージの内容を、第三者に見られる
リスクを最大限に小さくしたい、というのがあって、
エンドツーエンドの暗号化を行なっており、
顧客のプライバシーを尊重している姿勢の
アップル社のiMessageをメーンで使っている。

また、2月18日には、
アップルから、iMessageに「ブラストドア」
(防爆扉)と呼ぶ新機能が実装されたとの
発表があった。
これはマルウェアや、ハッキングに対して効果が
あるとのこと。

僕は、iPhoneを使っている方に対しては、
iMessageを使用することを促して、
なるべくこちらでやりとりをする。

iOSを使っていない、Androidの方には、
Signal」というメッセージアプリを
使ってやり取りする。

こちらも、安全性を売りにしたメッセージで、
エンドツーエンドの暗号化がされている。

iMessageも、Signalも、
携帯端末だけでなく、
M1 Macにもソフトをインストールすることにより
携帯で行なっていたメッセージのやりとりを
そのままシームレスに
Macと連携することができ、
長文の内容を送るときや、
ブラウザで調べ物をしながらやりとりをする際に
非常に便利だ。

長々とメッセージアプリについて
私見を書いてきたが、
これらを使用するもっとも大きな理由は、
みんなが使っているLINEをなるべく
使いたくないから(理由は、みんなが使っているから)
かもしれない。


日本で生きていく上で、
どうしても仕方なく一応
LINEもiPhoneにインストールしているけど、
上の2つのアプリの使用をお願いできない人との
通信のみ、LINEで行なっている。
また、LINEは、セキュリティ上の理由から、
Macとは連携させていない。

みんなと同じことはしたくない、
少数派でいたい派なので、
メッセージアプリひとつとっても
なかなかめんどくさいやつなんですd(^_^o)

ご感想はコメントをいただくか、
Twitterで絡んでいただくとうれしいです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA