人生について考える。体力、気力、健康と買い物ロン。


仕事が忙しくなってくると、
お金の使い道が、ガジェット系比率高めに
なってくる。

sponsoredlink

休日も、体を休めるためにぼーっとしていたり、
仕事の続きをしたり。

人生100年時代といえど、
元気で、気力も体力もあるのって
あと何年だろうな、とか考えると、
このまま仕事に忙しくて、体力や気力を
持っていかれていていいのかな? と思う。

僕は、人生の岐路で
厳しい道とラクな道を選ぶ選択権を
与えられた時、
全て「ラクな道」を選んできたという自負がある爆

ところが、就職にしろ、
人事異動にしろ、昇進にしろ、
自分に選ばせて貰えば場合は、
全てラクな道を選んできたにも関わらず、
結局、いままた追い込まれている。

どれだけ毎回、ラクな道へ逃げようとしても、
結局は忙しい方、大変な方へ
放り込まれてしまうのは、
もうそういう運命なのかな、、と
思うしかないのかと悟りに近づきつつある。


究極手段としては、FIREするってのがある。

知人のご高齢の方などを見ていても、
75か、85を超えたら、
もう体力的、気力的、健康的に
お金を使うことも難しくなる
(買い物ってけっこう体力いるんだよね。)
なあということを実感しつつあるので、
体が動くうちに、やりたいことを
やっておかないといけないなと思う。

Cのように、そうでなくてもある日突然、
今まで普通にできていたこと
(海外旅行、友人と会食など)が
突然できなくなることがあるってことを
学んだ。
これからも、戦争や災害、ハイパーインフレ、
事故などで突然、当たり前にできていたことが
できなくなるリスクがあるということを考えて
行動しないといけないよな、と思う。

ご感想はコメントをいただくか、
Twitterで絡んでいただくとうれしいです。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA