フェラーリ488 CGTVとNAVI誌の恨み

 さて、カーグラのフェラーリ・488の回を見た。

 僕は加○哲氏のことが
あまり好きじゃないのだが、、、
 だって、オレたちのオリジナルのNAVIを
廃刊に追いやった戦犯は彼だと
思っているから。
 彼は、CGにはいいかもしれないけど、
NAVI誌のキャラには全然合ってなかったよなあ。

 

sponsoredlink

 彼の時代のNAVIは全然面白くなくて、
それが廃刊のきっかけになったと僕は
思っている。
 彼じゃなくて、アオダンか、塩見氏が
もっと前からやっていれば…

 NAVIは河西氏の元で復刊してるけど、
河西氏はバイシクルナビとかの
健康的で若々しい雑誌にはぴったりだけど、
NAVIにはマジメ過ぎるよなぁ。
 遊びココロが足りない。

 この記事書くのに調べてみたら、
加○哲氏ってまだ56、57なの??
 カーグラTVで見た感じだと、もう70近い
老人かと思ってしまったが…

 しゃべりも、紋切り型の文句ばかりで
面白くない。松任谷正隆氏は自分の言葉で
しゃべろうとしているけど、加藤氏は
決まり文句ばかりで、心に響かないなあ。

 また、言葉のプロが
「的を得ている」とか
言ってちゃダメだろ、、、、
 お前は素人か!

 
 さて、488は、番組内のトークの行間を
読むと、低中回転はすごいパワーだけど、
トップエンドはつまらない、絶叫しない、って。

 991フェーズ2と同じ問題が起きているね。
 番組内では、もうトップエンドまで回す時代じゃない、
マインドリセットが必要、なんて言ってたけど、
上で泣かないスポーツカーなんて、僕は
全然いらない。
 991フェーズ2も、ホントにまったく欲しいと
思わなかった。991フェーズ1は、ちょっと
気が狂うくらい欲しい!! って思ったんだけどね。

 つまらない時代になっていくぜ、、、

 ターボになっちゃう前の
ボクスター・スパイダーが狙い目か、、、
 ポルシェはやっぱり1000万ちょいまでの
クルマだって思いもあるし。

 
 マクラーレン570Sは、雨の日で、
かつセールス氏が隣にいての試乗だったので、
確かにめちゃ速かったけど、
よく分からないんだよなあ。

 あれだけ速すぎると、アクセル踏むのが
気持ちいいというより恐怖だったような。

 リセール、ブランド力、販売網、
性能、価格、ポルシェは本当に最強かつ
巧妙だと思う。
 ついつい欲しくなる。
 
 

 
 

Share Button

“フェラーリ488 CGTVとNAVI誌の恨み” への2件の返信

  1. こんにちは。マクラーレンが欲しくて、サイトにたどり着き、色々、見せて頂きました。僕も過去、ボクスター、911、アルファ156など色々乗ってきましたが、やはりマクラーレンがいちばん好きですね。あと福野礼一郎さんが好きとか、雑誌のナビを昔読んでたので、シンパシーも感じます。あと、加〇氏が好きでない、と書いていたので、僕も、同じように思ったのと、その時からホントに車雑誌にがっかりして読まなくなったエピソードがあります。それは、マクラーレン720Sの発表会のYOUTUBE(マクラーレン 発表会で検索)を興奮しながら、すごい、かっこいい、とつぶやきながら見てました。後半に司会者が質問の時間に加〇氏が質問しました。その内容が。。。720Sは675LTのパワーを大幅に上回っている、モデルレンジの混乱を招くことにならないか?と。これを聞いた時、いったい何を言いたいんだ?何の為に聞いているの?と。こんなバカな質問しかできないのか?と。心底、呆れました。それ以来、車雑誌の編集長がこのレベルかと思い、もうがっかりしたのを覚えています。それに、この方、マクラーレンを長期レポート中に事故した後、反省や事故報告も全く載せずに知らん顔だったので、その対応にもがっかりしました。なんか文句ばっかりになりましたが、これからも時々、のぞかせていただきます。よろしくです。

    1. ゴードンさん、アツいコメント、ありがとうございます。
      かなりのクルマ通の方とお見受けいたしました。

      マクラーレンが一番お好きでしたか。
      僕もそうなんですよねぇ。
      マクラーレンが好きです。
      (ポルシェも好きです)

      加○さんについても、僕も同じように思います。
      長期リポート車の件もありましたね。
      確かに、あの時の記事には、
      謝罪とか詳しい説明がなかったため、
      一体どういう経緯でどういうことが起きたのか、
      よく分からない、なんかモヤッとした報告だった
      ことを記憶しています。
      読者は、編集者の立ち振る舞いや記事の内容について
      けっこういろいろ見ているし、
      覚えているものですよね。

      今後も、ゴードンさんの見識を聞かせていただけたら、
      と思います。
      よろしくお願いします!

      追伸
      ハンドルネームは、ゴードン・マーレイからでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA