海外レンタカーのススメ 借り方、走り方、返し方。

クルマ好きにとって外国をレンタカーで走るのは格別な体験だ。

僕の過去のドライビング体験でも、ドイツ・アウトバーンやスコットランド→ピーターバラへのドライブ、シドニーの街中は本当に忘れられない体験だ。

今回、出発前からよく研究をしていたが、日付がなかなか確定できず、予約はしないまま現地へやってきた。レンタカー会社はハーツ、エイビス、バジェットあたりで考えていたのだが、泊まっているホテルで10%割引が効く、と書いてあったのと、某旅行代理店に置いてあったチラシを持って、ホテル内にあったナショナルのレンタカーデスクへ。

sponsoredlink

デスクのお兄さんは日本語ベラベラの人だったが、そのチラシの割引を見て、これはすごい、これは係の人によってははねられるレベルの割引だ、とのこと。
そんなすごい破壊力のチラシが無造作に置いてあるなんて、、、

1番安いのでいいです、と言ったので、じゃあコンパクトカークラスを予約しておきますね、と。

当日。
まずホテル内のデスクで受付。係の人は先日とは別の人で、お姉さんだった。
受付後、クルマが置いてある駐車場へ行ってください、そこに別の係のひとがいるから、とのことで移動。
駐車場は、モールの立体駐車場みたいなとこの5F。係のお兄さんが「これだよ」とさすクルマはVW・ビートルカブリオレ ターボ! 1番安いクルマでビートルカブリオレか、なかなかやるな、ナショナル。コンパクトカークラスだと、ほかはミニとかロードスターだそうで、素晴らしいね。

ビートルカブリオレはたいへん素晴らしいクルマで、好きになってしまったな。

あと、アメリカのドライバーは、ドイツや英国のように超上手! と思わなかったけど、道路のシステムの合理的なことには心底関心させられた。常時右折可なのも僕はとても気に入った。ストレスがかなり減る。
通勤時間帯は、上りと下りで車線数が変わるのも良い。
コーンを設置して、上りレーンを増やすのだ。合理的だ、、、

島を半周した。
島の東端、マカプ岬のあたりは本当に素晴らしい景観だった。
海と山! ダイナミック。
scenic pointもふんだんにあるし、
楽しめる。人生の楽しみ方を知ってるなあ、本当に、と思う。

道路の右側を走るのは、ほぼ大丈夫。もともと、日本では左ハンドル車で左車線を走るという
無茶なことをしている僕だが、左ハンドル車で右側を走る方がよほど自然だった。

みんな窓を開けっ放しで走っていることもあり、
窓から手を出して、お先にどうぞ、などの
ハンドサインを出し合うので非常にコミュニケーションが取りやすい。

ガソリンはあった量だけ返し。
満タン入っていたので、満タンにした。
多分200キロ弱走ったが、ガソリン代は18ドルだった。
リッター100円くらい? ガロンなのでよく分からないが、
アメリカはガソリンも安く、高速も無料なのでいいね。
ヨーロッパは高速は無料だが、ガソリンが高い。
日本はガソリンは普通だが、高速が高い。

さて、クルマの返却は、元のモールの立駐的な駐車場の
5Fなら、どこにでも置いておいてくれればいいです、と。
カギはエレベーター前のボックスに入れておしまい。
クルマのチェックもなし。
適当だなぁ、、、
でもイギリスでも、一応カウンターでカギ返したけど、
クルマを見もしなかったし、これがグローバルスタンダード?
日本がきちんとしすぎかな。

あと、USは非常にITが発達していて活用がされており、
どこでもメアドを求められる。
何かとサービスを受けると、間髪入れずにメールで
surveyや報告があるので、感心する。
人を介して確認するのでなくて、
メールで完結している感じ。

Share Button

投稿者: bp1178

クルマ、自転車、飛行機など乗り物全般が好き。 スターウォーズサーバント。アップル信者? 英国へ毎年出かけるのがテーマ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA