トライアスロン出場 トレーニング不足を露呈した今大会

さて、ちょこちょことトレーニングの様子をアップしていた
トライアスロン伊良湖大会だが、
天気予報は金〜月まで雨だったが、
奇跡的に大会当日は快晴。

僕的には、雨なしの曇りが良かったが、
まあいいや。

前回、トライアスロンで自転車のパワー不足を感じ、
TIME IZONを投入するという暴挙に出て臨んだ
今大会。

ただ、こちらに挙げてたトレーニング+週1から週2の
自転車通勤だけという明らかに足りないトレーニング量で
果たして完走できるのか、、、

sponsoredlink

前日に車検、受付。
当日は8時から登録をし、
トランジションエリアのセット。

10時にスタート。

まずは1.5キロのスイム。
最初のうちは、人、人、人。
泳ぎにくいことこの上ない。
750m×2周だが、最初の1周目は
本当につらかった。これ、ちゃんと
泳ぎきれるかしら、、、と不安になった。
その際、ふと横を見ると、背泳ぎをしている人がいて、
背泳ぎいいのか! と衝撃的だった。

2周目は、人もばらけ、だいぶ泳ぎやすい。
疲れたら時々背泳ぎしながら泳いだ。
僕の5分後にスタートの後の組の人の速い人に
追い抜かれ始めたが、僕の目標は
あくまで完走なので気にしないでいく。

ハワイ合宿の成果もあり、2周、1.5km完了。

でも思ったより疲れた。

トランジションエリアでバイクの用意。
忘れ物がないように、少し時間かけてしっかり準備。

走り始めると、なんか視界が暗い?
視野も狭い? 体も動かない??

補給食食べたら、パワーが戻ってきた感じがして
視界も明るくなった。
補給食は大事だね、、、

TIMEのおかげか、まあまあ速く行けたんじゃないかなあと
レース中は思っていた。異常に速い人を除けば
いいセンいっちゃんちゃう?? と。

40km、だと思ってたら、この大会は
42kmだったけど、バイク終了。

ランへ。
ただもうこの時点で体力はほぼきれていて
10km走れるんかいな、、、という気持ちだった。

エードや応援の人がいるところは走り、
いないと歩き、上り坂は歩き、
下りは走り、という感じで走る。

ほぼ1kmおきくらいにエードステーションがあるので
何とかそれでペースを作り、頑張る。

エードステーションでは、水、ミネラルウオーター、スポーツドリンク、
レモン、バナナ、かけ水が用意されていた。

また、私設?っぽいエードステーションでは
コーラを配っており、人生で飲んだ中で一番うまいコーラだった。

そんなこんなで何とかラン10kmも走りきり、
無事に完走!
タイムは、トレーニング不足でも、真ん中くらいには
いるんちゃうの? と思ってたのに、そこまで甘くはなかった、、、

オリンピックディスタンスでもかなり疲れる。
僕はこれ以上の距離の大会には出る気にならないな、
アイアンマンやストロングマンな方々はすごすぎる。

トライアスロンやると、筋トレが全てを救う、じゃないけど、
何かあった時にでも、自力である程度どこまでも行ける、
みたいな自信が付いて、それが日常生活の心の余裕に
つながる気がする。

*iPhoneの「写真」アプリ内の「メモリー」機能が神機能。
撮影した画像や動画をいい感じに組み合わせて、
音楽をつけてムービーにしてくれる。
昔は、自分で写真を選んで、トリミングして、曲つけて、と
チコチコやってた作業が、自動で、数秒のうちに完了して
見ることができる。
それも、無機的に機械的に行われてるわけじゃなくて
ある程度、人を追いかけたり、動画の中からいいところを
トリムしてくれたり、いい出来栄え。
もちろん自分で時間かけてやる方がもっといい出来栄えだけど、
それを100としたら、90くらいの出来栄えじゃないかなあ。
それが何もしなくても完成していて、ただ見るだけ、上映するだけでいい、
っていうのはすごい。

備忘録 トライアスロン当日、あるといいもの。
ビーチサンダル。
ゼッケンベルト。
自転車のスタンド。

Share Button

投稿者: bp1178

クルマ、自転車、飛行機など乗り物全般が好き。 スターウォーズサーバント。アップル信者? 英国へ毎年出かけるのがテーマ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA