新型992 僕の仕様完成そして911のライバルたち

ポルシェ祭り継続中。

さて、アメリカのポルシェのHPで
僕の911(992)をコンフィギュってみた。

うーん、いい感じだ。

やばいね、欲しくなるね。
オレの911がそこに存在している。

リアはモデルネームレス(0ドル)。
でも、レスにしても、「P O R S C H E」の文字
は取れないのかな?
あれも、ない方がスッキリするから
いらないんだけど、、、

やっぱり911のカブトガニみたいな形、
好きだなあ。

ガレージは、是非とも上から愛車を眺められる構造で
設計したいな、と思う。

sponsoredlink

屋根のラインもいいね。

オプションをみていて、相変わらずライト関係は
高いなあ。PDLS+とかつけたいけど、
ちと高い。

そしてアダプティブクルーズコントロールはオプションで
2000ドルかあ。ゴルフでも付いてけるけど、、、
まあ僕はなくてもいいし、これがハワイで聞いた
クロームハーツの迷彩トートバッグと同額なので、
クルコンつける代わりに迷彩トートを買う方がいいかな。

リアワイパーは意外と安い。500ドルしない。
BOSEもあっけないくらい安いんだよね。
1600ドルくらい。

復活をけっこう期待していたカラーシートベルトに青は
ないままだった。

ポルシェのOPって基本高いけど、
オーディオやマット関係は安いよね。

アリバイ作りに重要なチャイルドシートも意外と安く、
53〜581ドルのOP。
4人乗れるよ、というのがこれほどまでに
重要なことだったのか、、、

ちょっと奥さん、ちゃんと後ろにも席があるので
子どもやご両親も乗せることができますよ、って
言葉に嘘偽りはまったくない。

あと、デリバリー関係のオプションもいいな。
アメリカ版だと、
アトランタやLAで受け取れるのって最高!
ライプチヒとかもあったけど、
それは受け取ったあと、どうしたらいいんだろう、、、
日本だと、横浜? 豊橋?? そめてそこで受け取りたいね、
帰路はめっちゃ楽しい、忘れられないドライブになりそうだ。

日本での価格がまだ分からないけど、
ちょっと盛っていくとすぐに1500万クラスになるね。

僕の子どもの頃の感覚だと、BMW500万、911はイッセンマン、
V8フェラーリ1600万、スペチアーレは4500万だったので、
思えば高くなったものだ。

対抗としては、全然キャラが違うかもしれないけど
僕の中では対抗となるのはレクサスLC。
LC好きなんだよなあ。

日本車ってクーペ不毛地帯だと思ってるけど、
たまに大傑作が出る。
V35スカイラインクーペは大傑作で
BMWやメルセデスのクーペより全然かっこいいと思った。
そして今は、LCはジャーマンスリーのクーペより
断然かっこいいと思う。

走りもなかなかよかった。

あとは、あれがもうちょっと走り寄りで、
911的なポジションになった戦闘的レクサスだったら
マジで欲しいかもしれない。
V8、レクサスのスポーツカー。

一方で、別の対抗としてはロータス・エリース(エリーゼ)。
理由は、度々書いてるけど、うちの近所の道が
狭すぎて、幅広のクルマは出すだけで億劫になるレベルだから。

ボクスターでもちと疲れてきて、
エリースくらいちっこいスポーツカーがいいかなあとか
思い始めたり。
また、過日、知人に勧められて所用のついでに
ACマインズなるデーラーへ行ってみたところ、
およそクルマ屋さんとは思えない英国的な感じと
古民家の融合した空間。
セールストークとは無縁で、
なんかクルマ好きのアニィと雑談してる雰囲気、
これはつい思わず買ってしまいそうだ、、と思ったのもある。

僕は思うけど、趣味系クルマの営業の究極の形は
こういったクルマ好きの人と趣味の話をしてる的空間や
セールスじゃないかな、と思う。
なんか、気軽に買ってしまいそう。
心理的ハードルがえらく下がる。

エリース買うなら、形的には初期のフェーズのが好きなんだけど、
特にリアは初期型が一番いい形していると思う。
エリー買う場合の難点は、乗り降りのしにくさだな、、、
あまりにもピュアすぎて。
他はオッケー。

と、992の話のはずがロータスの話になってしまったが、
僕の頭の中のクルマ談義はいつもこんな感じ。

Share Button

2 Replies to “新型992 僕の仕様完成そして911のライバルたち”

  1. 「英国車はシリーズ1が最高」の法則(例.ジャガーEタイプ)にエリーゼも合致してると思ってます。フェイズ1でなくシリーズ1と呼びたいものです。
    乗り降りし難さも、ユーザーの利便性より走りを追及したと思える割り切りが大好きなポイントです。ロータスに求められるイメージにもマッチしてるよね。エリーゼの中でもフェイズ1が最も乗り降りしにくいですが、そこをオーナーならではの身のこなしで難なく扱うのがカッコイイのだ!?

  2. やっぱりクルマは最初のでたっぱなのモデルが
    一番コンセプトに忠実で魅力がありますよね。

    あの乗り降りのしにくさも魅力ですね!
    コメントありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA