リシャールミル。


こんなセコセコ生活していて
アレだけど、最近、リシャールミルがとても
気になる。

とはいえ、時計はいつもアップルウオッチを
しているので、普通の時計?はする時が
ないんだけど、、、
右手にするしかないか。

sponsoredlink

最近、お金に対する考え方が
だんだん変わってきた。

wtch06044 Richard Mille RM 030 automatic-self-wind Male Watch rm030 (認定pre-owned)

以前は、借金大嫌い、ローン組むと
死ぬほどストレスだったんだけど、
この頃は、ローン組めるなら組んで、
とりあえずキャッシュは手元に残しておいて
ローンで月々ちょっとずつ払えばいいんちゃう? 派に
なりつつある。

ちょっとずつ払いつつ、
気が変わったら売って
チャラにすればいいんだし。

中途半端に高いものを買うのが一番損な気がしてきつつ
あるのが、その考えに転換し始めた理由。

現金一括で僕レベルが買えるものって
やっぱりたかが知れていて、
中途半端なものしか買えない。

でもそれって一番、資産価値の目減りが激しくて。

だったらもっともベーシックなのか、
もっとなかなか手が出ないくらい超一級品の方が
おトクなんじゃないかなあ、と。

リシャールミルって、普通の感覚だと
「家が買える!」だと思うんだけど、
リシャールミルを売る人がその価値観を変えていきたい、
家の値段を見て「リシャールミル、買えるじゃん!」って
思わせるようにしていきたい、と言ってるのを
読んで、衝撃だった。

家買うのって満足度が高いと思うんだけど、
面倒なことも多いし、何より転居の自由が
なくなるのが今の僕にとってはハードル高いんだよなあ。

日本においては、家って買った瞬間にほぼ価値なくなるし。
英国みたいに、家の価値がしっかり残って、
場合によっては新築の時より値段が上がっていくのであれば
安心して家を建てられるけど、
日本って家は建てたら、もうその家自体の価値って
だだ下がりだもんね。土地は価値が残るけど。
そういうのを考えると、家は経済的な面以外のハードルが
高いなあ、と。
クルマは家に比べると、人生に対する制約がはるかに
小さいので買いやすい。
まして時計だともっと軽い。

時計も、中途半端な価格のもの買うのが
一番損なんじゃないかなあと感じられる今日この頃。

自転車は、始めから一番欲しい、ハイエンドのものを
購入したので、ピタッと物欲が収まった。

クルマも、ごにょごにょ言わずに
RR・ファントムとマクラーレン・F1があれば
もう物欲は収まるかも。
とはいえ、クルマは流石にムリか、、、

それに、ごにょごにょ言ってるのが
楽しい面もあるし。

とりあえず今度都会へ行った時に
リシャールミル見てこよう。

Share Button

“リシャールミル。” への2件の返信

  1. リシャールミルの値段なら家が買えるじゃなくて、家をかう値段ならリシャールミルが買えるっていうのは、目から鱗の考え方で、リシャールミルを見る目が変わりそうです。でもまあ私にはミルのデザインがアレなので買うことはないでしょうが。はじめからハイエンドを買うと物欲がおさまるってのもそうかもしれませんね。

  2. takaboさん、コメントありがとうございます。

    リシャール・ミル はいろいろと価値観の転換を
    迫られるブランドですよね。

    takaboさんはもっとノーブルな雰囲気のものが
    お好みとお見受けしました。

    僕はあのギラギラした感じも魅力に
    感じてしまいます。

    初めからハイエンドを買うと個人的には
    いったん物欲は収まるのですが、
    時代の流れととともに、より最新の、より時代に
    フィットしたものが出てくるので、
    また物欲が出てくるのはうれしい悩みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA