2台持つと、クルマはもっと楽しい では3台目は?


クルマは2台持つと、もっと楽しい。
1台体勢の場合、どうしてもオールラウンド的な性格のクルマを
選びがちになる。

sponsoredlink

それが2台になると、それぞれに個性があるモデルを
チョイスすることが可能になる。

僕の2台体制の歴史を振り返ると

1 ボクスター&ホンダ・フィット
  スポーツカーと実用性のフィットというタッグ。
  フィットは、あきれるほどたくさん積めるのと、
  高燃費なのがよかった。
  走りは「壊れたレーシングカーのような乗り心地」
  と評されていたが、まさにその通り。
  僕は嫌いじゃなかった。
  勝手に、BARホンダ仕様にして乗っていた。

2 ボクスター&BMW・ミニ・コンバーチブル・クーパーS
  ドイツと英国のタッグ。
  初代ニューミニのコンバーチブルは外観、内装ともに
  信じられないくらい美しく、品があっていい形をしていた。
  とはいえ、2台ともオープンカーというのはキャラが
  かぶっていた。
  ミニコンバチの屋根は、少しだけも開けられるなど、
  ものすごく完成度が高く、ボクスターの屋根もこうだったら、、と
  いつも思っていた。
  荷物が全然詰めない(ボクスターより積めない)のと、
  燃費がボクスターより悪いのはマイナスポイント。

3 ボクスター&スズキ・ジムニー
  スポーツカーと小型SUVのタッグ。
  ジムニーは荷物が積めるし、災害時、降雪時などにも
  ある程度安心。
  また、17年もののボクスターが今でも第一線の
  スムーズさを誇るのに対し、2019年製、きたばっかの
  新車のジムニーが、遥かに昔っぽいフィーリングで
  豪快に走るのも好対照で面白い。
  両極端な個性を持つ2台なので、両方とも飽きずに付き合えそう。
  似たキャラの2台だと、どうしても優劣が気になる。

 
さて、ドイツ製オープンカーで17年選手なのに
最新鋭モデルのようにスムーズなボクスターと、
日本の軽自動車SUVで、新車なのに
クラシックカーみたいな存在のジムニーは
我ながらいいタッグだと思うが、ここにさらに
3台目を加えるならどのようなクルマがいいだろうか。

最新のテクノロジーを経験するために
テスラというのはあり。
モデル3かな。
これなら、冠婚葬祭用にもなる。

あと、常に気になっているのは、フレンチ。
ルノー・トゥインゴをちょい乗り用に、なんていいけど、
ジムニーもちょい乗り兼ねるからキャラが
かぶっちゃうか。

スーパー7やロータスも気になるけど、
それもボクスターとキャラがかぶるし。

ジムニー乗り初めて(まだ2日だけど、、)
より気になるようになってきたジープや
レンジローバー、Gクラスもいいけど、
これまたジムニーとキャラかぶる。
*それにしても、ディフェンダーも先代モデルと
同じ、スーパークラシック路線で出してほしかった、、、

こう考えると、3台目のチョイスって難しいねぇ。
大型ミニバン、アルファードやレクサス・LMってのなら
うちの2台とキャラもかぶらず、
使い道も三者三様でいいかな?

あとはハイラックスとかタンドラも気になる。

ほかに、常に気になってるクルマとしては、
あえてのちょい古クラウンで、
ナビアンテナ立てて、覆面仕様。
これ楽しそうだから、ぜひ一度やりたいなーと思ってる。
知人で、
ナチュラルに親から譲られたクラウン乗ってる人が、
高速でよく覆面だと思われて、
周りがみんなスピード落とすって話してて
それって面白そう! って思った。

反則だけど、3台目はハーレーとか
ドゥカティのディアベルってのも常に気になってる。
キャラもかぶらない。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA