ジムニーに乗りて、テスラについて考える。テスラは天下をとると思う。


ジムニーをマニュアルで駆っていると
じいさんの昔の軽トラを思い出す。
そんな僕がテスラを気になるようになった思考の軌跡。

sponsoredlink

ジムニーやGクラスは楽しいけど、
それってノスタルジーじゃないかなあと思う今日このごろ。

というのは、秋ごろに講演で聞いた話、
冒頭、講師が日本はめちゃめちゃ遅れている、という話で、
例えば、キャッシュレスやWi-Fi、そして
「今日皆さんのなかで、電気自動車でこの会場にきたひといますか?」と
問いかけ。

ガーンと僕はショックで、そうか、電気自動車に乗るってのは
先進的なことなのか、、、と。

また、最近発見した冒頭のYouTubeチャンネル。
これで見ると、え、駐車してあるクルマを自分のところに
呼び出す機能ってもうテスラは実現してたの??

すげぇな、これは未来だ。

イーロン・マスクが
「今、テスラ以外のクルマを買うのは、まるで
馬車を買うようなものだ」と発言していて
いや、そりゃいくらなんでも言い過ぎでしょ、と思っていたが、
冒頭の動画を見て、テスラは近い将来、
天下を取ると感じた。

これは、iPhone黎明期にも感じた感覚。
これで世界は変わる。
これは、天下をとる、という予感。

テスラは、世界を変えると思う。

みんながこれに気づいたら、
テスラ、めちゃくちゃ売れ出すんじゃないかなあ。

僕も、クルマ好きとしてノスタルジーに浸るのもいいけど、
未来へむけて歩き出すという選択もしていかなくちゃ
いけないんじゃないかな。


サイバートラックのデザインのロードスターが出たら
買っちゃうかも、、、

おまけ
こちらの動画。

この方はメルボルン在住のことだが、
VIC州のナンバーはこんなにも自由。

学生時代に留学していた
オーストラリアのこの自由な感じを思い出した。
日本は、なんでもきっちり決めすぎ、そして、
そこからはみ出すのを一切絶対許さない感じがあって
少々息苦しく感じる。
オーストラリアの自由でなんでもありって雰囲気好きだなあ。

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA