ジムニーとしばらく暮らしてみて。


現在の当サイトの1番の人気トピックは新型ジムニー。


sponsoredlink

しばらく暮らしてみて、思うところを書いてみる。

冬の朝、出勤時には窓ガラスの凍結が困り物だが、
ジムニーはかなりフロントガラスが立っているせいか
他のクルマのFガラスがガンガンに凍っていたり
霜が降りている時でも比較的、軽症だったりする。
助かる。

僕のフリートでは、近場、出勤、荒地はジムニー、
高速道路、遠出はボクスターという住み分けができているのだが
諸事情でジムニーで高速を走ることがある。

ジムニーで、快適だなあと感じる速度は80〜90km/h。
それ以上でも走れないことはないけど、
いろいろとムリしてる感が漂う。

また、ジムニーだと後ろから速いクルマが来ないか
常に気を遣う。
スクールカーストの下位の生徒になった気分だ。
ボクスターの場合、相手がよほどのクルマでないかぎり、
別にこちらがその気になればどんなクルマにでもついていける
という余裕があるのだが、高速道路のジムニーでは
周りの迷惑にならないように常に周囲に気を遣う必要がある。

風を思いっきり受けてる感があり、燃費は
高速巡航で16km/lくらい。
瞬間燃費計でみていると、ソロ走行時には18〜20くらいを
うろうろしている。
トラックの後ろに入ると、途端に空力的にラクになり、
瞬間燃費計の数字も20キロ台になる。
元々、空力に優れるボクスターの場合、
ここまで違いは感じないのだが、
ジムニーは、他車の後ろで風をよけてもらうと
かなり抵抗が減るのが実感できる。

高速道路を最も快適に移動できる車は何かな、と考える。
ボクスターはいいのだが、車高が低くて見通しがあまり
きかなかったり、ついつい戦闘的な気分になってしまったり、
クルコンがなかったりするのがマイナスポイント。

BP’S FLEETの中ではCクラスが最も快適だと思うのだが、
Cクラスの難点は意外と前がどいてくれないこと。
ボクスターは、別に飛ばしていなくて、巡航で走っているだけでも
どんどん前のクルマが譲ってくれるので、結果的に安全に走れる。

いかなベンツといえど、イマドキCクラスじゃあその神通力は
発揮されず、ボクスターと比べて明らかに譲ってもらえないので
そこはけっこうストレス。

顔的にはCと似ているSクラスなどは、
前走車に譲ってもらえるのだろうか、
とSクラスオーナーのことが
ヒトゴトながら心配になってしまう。

そう考えると、
ポルシェ顔かつサルーンのパナメーラあたりが
高速クルーザーとしては最も適しているのかな、とか考えたり。

でもMTないしな、、、とか。

そんなことを考えながらクルマで走るのは楽しい。

Share Button

“ジムニーとしばらく暮らしてみて。” への2件の返信

  1. ジムニー生活楽しそうですね。
    きっと楽に乗りこなせる良い車なんだろうなと思います。
    スクールカーストの下位に甘んじている気分というのは理解できます。
    私も最近、911とレンジローバーが相次いで車検や修理となり、それぞれVWやボルボ、それからジャガーと、ぜんぜん下位カーストとは言えないけど、それでも上位とは言えない車たちを乗ってましたところ、なんとなく周囲の車の態度がでかいと思える時があり、ああ日本人は相手の車を見て対応しているなと感じることがありました。
    でもそれがマイナスばかりではなく、むしろポルシェなどは特にそうですが、見られている感がいまだにあり、こちらとしても意識的にジェントルに運転することを強いられる気がするなど、疲れる場合もあります。
    周囲ととけこむことによる特別ではない位置というものは気軽であり、それは日本人に特に好まれることなのかもしれないなと思いました。特殊ではなく一般性を好む民族性というか。
    いやジムニーは一般的ではないと思いますよ全然。とても個性的です。車の価格帯として超高級車ではないという意味での一般的という意味です。

    1. コメントありがとうございます。
      ジムニー生活満喫しております。
      一方で、もっと大きなSUVやヨンクにも興味が出てきています。

      takaboさん、僕が言いたくて、でもうまく書けなかったことを
      書いてくださっております。
      代車に乗っている時に、周囲の反応が違うところや
      ポルシェなどのクルマはやはりよくも悪くも周囲から
      注目されるクルマであり、余計にジェントルに運転しなくちゃ、
      見られてるぞ、という意識を持つところも僕も思います。

      そして、代車的なクルマに乗った時に、周りから
      敬意をさほど得られないのと同時に、
      注目を集めないラクさ、埋没できる気楽さというのも
      確かにありますよね。

      深く考えさせるコメントありがとうございます。

      ジムニーは、takaboさんがおっしゃるようにとても個性的です。
      価格の面ではお求めやすいのにもかかわらず、
      つくりやスピリットが本格派というか、
      魂を感じられるところが
      とても気に入っております。
      こういうクルマが日本にあって、支持されているというのを
      誇らしく感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA