ボクスター入院! とクルマトーク


ボクスターを近所のクルマ屋さんに入院させてきた。

sponsoredlink

とはいえ、緊急入院ではなく、1年前くらいから相談していた
助手席ドアの窓ガラスが十分に下がらない問題を
見てもらうための入院。

心強いサポートカーのジムニーがいるため、
特に代車が必要ないってのは精神衛生上、とてもいいね。

ついでにいろいろとしゃべってきた。

先日、959が来たそうで、やっぱり超ド級のつくりだそう。
見た目は当時の911と似てるけど、全然別物、って。
特に、純正マグネシウムホイールの話が面白かった。
空気が漏れるんだそう。
そして、意を決して新品に買い換えると、1本100万!
しかも、新品もすぐに空気が漏れたって爆

タイヤも、BSの専用タイヤしかなく、
定期的にBSが再生産してるそう。
そして、再生産すると、買う、という。

別世界だね、、、

空冷も気になるんです、という話をしてきた。
空冷は、値段が今後落ちることはないから
買っても損はしないんじゃない、って。
とはいえ、乗り方によっては故障あるかも。
オイルは乗っても乗らなくても漏れる。
マニュアル車はほとんど見つからないし、
あっても高価。
でもパーツは潤沢にあるので、
パーツがなくて乗れなくなる、ということは
将来に渡ってそう心配しなくても良い。

ずっと一生乗るってこと考えると、
空冷ってのもアリなんだよなあ。
そのもの自体の値段が落ちないってことと、
パーツがずっとあるっていうのは心強い。

そして、空冷は、4人乗れるってのがミソで。

「ボクスターは不便だから、
4人乗れるクルマに買い換えるよ」という
ロジックが使える。

また、歴代のGTーRもみんな値段が上がったので、
結局ずっと乗っていれば乗って楽しみ、
資産としても優秀、と。

クルマ道、愛情にお金もからんできて
複雑だけど、楽しい。

Share Button

“ボクスター入院! とクルマトーク” への2件の返信

  1. どーもです♫
    空冷式は不具合があっても全部直すのでなく走行に関わるのを直すのとオイルはちゃんと入っているから漏れてると余裕ある気持ちが重要と教わりました。
    日本別注の993RSと993カレラ4以外は潤沢にパーツがあるけど…うちのは993カレラ4なので、部品代はかかりますネ!って言われました(T . T)

    1. おお、空冷道は、まるで
      人間関係にも通じるような心持ちが
      重要なのですね。
      完ぺきを求めたら、ダークサイドに落ちてしまいますね。

      993、うらやましいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA