ガレージハウスへの道 注文住宅Fのコンセプトハウスへ行ってきた話


近所にあった注文住宅Fのコンセプトハウスへ
行ってきた。

なかなか良かったな。


画像はイメージです

sponsoredlink

フローリングではない、天然木の床が心地いい。
また、広さをステータスとするのではなく、
適切なサイズで、小さく暮らす、
メンテナンスや掃除も楽にする、という
考えで、延べ床面積はわずか31坪。
でもこれで十分かも、、、と思った。

40坪の敷地で、クルマ3台と31坪の家。
これぐらいのサイズでいいかも、
あ、でも土地はもっと広い方がうれしいな、
裏庭や畑も作りたいから、、と思った。
ただ、最低限としては、40坪でいけるかも。

このコンセプトハウスは、
基礎が見られるように地下室が作ってあって
これは通常は作らないそうだけど、
でも地下室がとてもワクワクした。

災害の備蓄物品置いたり、
シアタールームにしたり、
なんか楽しい空間になりそう、、、

作例のパンフレットをもらって
帰ってきた。

参加すると、スタバの券や
松阪牛!がもらえる勉強会への参加を
強く勧められたが、それはちょっとなあ。

もらったパンフレットや、モデルハウスを見学して思うが、
そこまで大きくない家の場合
LDKと子供部屋+主寝室という間取りが多い。

多くの人は、リビングでくつろいだあと、
そのまま寝ちゃうのか??

子ども部屋はあっても、大人の部屋はないの???

僕は、寝る前に、
自分の部屋でゴニョゴニョと調べ物するために
PCに向かいたいけどなあ。

そもそも、コロナ禍になるまで、
多くの人(大人)は、
家で机に向かって仕事とか調べ物、
勉強をしてなかったってことかなあ。

僕は、以前より自宅ワークをしていたので
家に書斎というか勉強スペースを作っていたけど
それってレアケースだったのかな。


会社で勤務する代わりの
在宅ワークをしていたわけではなく、
平日13時間以上、
土日も会社で労働したあと、
さらに自宅で仕事していた。
自宅で仕事しないと、会社から帰れないくらいの
業務量だった、、、

さて、
僕はガレージや書斎、シアター、
可能なら地下室や屋根裏など
元々、ちょっと変わったスペースに魅力感じるなあと
思っていたが、そもそも、
主寝室はいらなくて、自分の部屋が欲しい、
っていう時点で、多くの人のニーズとは
違っていたのか、、、


てか、主寝室って必要???
僕は、ベッド置くと部屋が狭くなるから
マットレスでいいけどなあ。

さて、土地探しは混迷を極め、
業者に依頼して探しているが、なかなか見つからない。
全然見つからない。

注文住宅Fの人には、
「土地だけ探して、別で、後から住宅メーカーに頼むと
資金面でよく失敗するからやめたほうがいいです」と言われ、
そうなんかな、と思った。

「その場合、住宅を建てる分のお金が足りなくなった!
200万円たりません! なんてことがよく起きるので
注意です」と言われ、
え、たったの200万円? みんなそこまで
資金的にギリギリを攻めて家を建てるの?? とびっくりした。

一緒に説明を聞いてた人に、あとで確認したら
「200万円じゃなくて、2000万円の言い間違いかと思った」との
感想だった爆

ご感想はコメントをいただくか、
Twitterで絡んでいただくとうれしいです。


画像は、BP’S HQのガレージ

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA