「家関係」カテゴリーアーカイブ

「最後のピース」(小説)

皆、「過去を振り返るな」と言うが、
過去を蔑ろにしていいのだろうか。

稀崎佳輔は時々、考える。
今していることや未来にすることも
結局は過去となる。
その過去がまるで意味がないものであるかのように
考えるのであれば、つまりそれは今や未来についても
意味がないということにならないだろうか。

続きを読む 「最後のピース」(小説)

1970年代の亡霊(小説風)

「スタグフレーション、、、」

研究室のMacの前でコーヒーのカップを手にした
稀崎佳輔は、1970年代の亡霊のようなこの単語が
頭に浮かんだ。

スタフグレーション、
遠い昔の生徒時代、
社会科の授業で、インフレ、デフレとともに
スタフグレーションという言葉を聞いたときに、
不景気なのに物価が上がるなんて、そんなバカなことが
あるか、と思った。

続きを読む 1970年代の亡霊(小説風)

第1期(自設計の家)から第2期(アンチハウス)、第3期(外国の涼しいところ)の森博嗣の分類について

森博嗣研究を続けている。
2022年の夏休みの自由研究テーマにも「森博嗣」を選んだ。

氏のエッセィや日記を読みまくって、僕は
森博嗣氏はその住んでる場所によって
今のところ3期に分類できるのではないかと考えている。

すなわち、20代、国立N大学の教員として勤め、親の家の敷地内に自設計の家を建てた第1期、
小説家デビューし、それで得た印税で庭園鉄道を実現した弁天ヶ丘の家&アンチハウスの第2期、
大学教員の職を辞し、作家業も引退して外国の涼しい場所に居住されているという第3期(現在)。

続きを読む 第1期(自設計の家)から第2期(アンチハウス)、第3期(外国の涼しいところ)の森博嗣の分類について

森博嗣 「アンチハウス」読了。


森博嗣先生のガレージ製作記本である「アンチハウス」を読了した。
天邪鬼を自認し「整理術を書いてください」と依頼があれば
整理なんてするなという「アンチ整理術」を書き、
「お金の増やし方を書いてください」と依頼があれば
「お金の減らし方」を書いてしまう、森先生にとって
「アンチハウス」とはまさに痛快、そして「らしい」ネーミングだなあと
まずそこで感心。

白洲次郎の「武相荘」に匹敵する名ネーミングなんじゃないかな。

続きを読む 森博嗣 「アンチハウス」読了。

土地探し。敏腕営業マンMさんの愛車 【ガレージハウスへの道】


さて、空冷同様、1年掛で探している土地、
ガレージハウスプロジェクト。

今回、S不動産から、なかなか物件の情報があったので、
見てきた。

続きを読む 土地探し。敏腕営業マンMさんの愛車 【ガレージハウスへの道】

I need a vacation… やりたいことをやりきるには。


今やりたいこと。
土地探し、建築家に頼んでガレージ&カフェハウス、
空冷探して、直してプチモディファイ、
ハワイへ旅行などなど。

続きを読む I need a vacation… やりたいことをやりきるには。

在宅勤務初心者が考える在宅勤務のストレスを減らすための10のコツ。


在宅勤務って超ラクで、昼寝でもできるんちゃうかと
思ってたが、やってみたら幾分様子が違って、
出社するよりつらみが深い、、、ところもある。

今んとこ、初心者だけど、
少しでも在宅勤務を快適にするための
ティプスをまとめてみる。


旧豊田喜一郎邸

続きを読む 在宅勤務初心者が考える在宅勤務のストレスを減らすための10のコツ。