アップルウオッチ  休日バージョン

情報の洪水から離れたい休日版文字盤を作成。

軽さでアルミにしたけど、ステンレスのカッコ良さが分かってきた。次買うときは迷うだろうな。

それにエルメスモデルも高級感あっていいね。クロームハームモデルとか出てほしいなぁ。

アップルウオッチ とコラボしてほしいブランドは、クロームハーム、G-SHOCKかな。

ほかはどことのコラボモデルが良さそうかなぁ。

スターウォーズ 小説 ターキン

スターウォーズのエピ7はいまだになじめない僕だが、、、

アニメ版スターウォーズ反乱者たち は、1-6までの世界観が表れている気がして好き。そして時代的にはそこに重なるスピンオフの「ターキン」も期待して読んでみたのだが、、、

レベル低いなぁ。グランドモフ ターキンの生い立ち、としても、僕が描いていた帝国アカデミーを超エリートコースを進んだ、みたいなストーリーでは全然なくて、アウターリムの辺境出身で苦労した、みたいな話はターキンのキャラと全然合ってなくないか??

スターウォーズの小説は、いまいちなのが多い。唯一の例外はティモシィザーン三部作の「帝国の後継者」シリーズ。これだけは傑作で、ほかのスターウォーズ小説とレベルが全然違う。大傑作。

  だからこそ、ここでのキャラのスローン大提督はなにかとアニメ版に出てきたり、フィギュアになったりと活躍している。

 あと、かろうじて読む意味あるかと思うのは「レーアへの求婚」。僕はほかのスターウォーズ小説は全部処分してしまった。

「ターキン」を読んだことで、質の高いスターウォーズ小説が読みたくなり、いままた帝国の後継者シリーズを読み直してる。面白い。ティモシィザーン最高。

自作デスク周り計画 照明

 自作デスク用照明だが、
本命はダイソンのデスクライト。
実物をまだ見たことがない。
 とりあえずテープLED仕込むかあと
思い、アマゾンで購入。

 こんな感じのやつ。
 LEDって昔は高くて、
これだけのものを買ったら何万円もしたと
思うんだけど、今は数千円で買える。

 デスクに置いてみた。

“自作デスク周り計画 照明”の続きを読む

VLOG EPISODE 000

ケーシーナイスタットやdrikinの
VLOGにあこがれて、僕もiPhoneで
ドライブ タイムラプスをやってみた。

 ケーシーのチャンネル

ドリキンのチャンネル

車載のiPhoneで撮ってみて、
iMovieで編集して、
タイトルつけて、と同じようにやったのだが、
だいぶ違う。

“VLOG EPISODE 000″の続きを読む

iPhone X  前夜

うおお、ついにくるかiPhone X!!

ここまでiPhoneにワクワクできるのは久しぶりかも。てか、僕は以前はiPhone、二年おきにしか買ってなかったのに、電波と筐体を分離して考えるようになったここ最近は、毎年買ってるような。毎年10万、これに使ってるのかぁ。

ま、最新鋭機器を使う快感には変えられないか。

机 部屋 改造 リノベーション

ケーシー ナイスタットのリノベーション

机を自作してる。

すでにいろいろなサイズのものを作ったが、思うのはやはり大きな机が作業効率がいいということ。次作るのは、横150センチ以上、奥行き55センチ以上のサイズにしたい。資料を広げたり、工具をいろいろ使って作業するには、それぐらいのサイズが必要だ。

ケーシーのスタジオリノベーションをみると、その自由さに驚く。日本って、画鋲の穴さえ開けていいか躊躇するけど、それって窮屈すぎるよね。壁も豪快にぶっ壊し、壁には穴をあけまくり、手書きでテキトーにいろいろ書き殴ってるケーシーの姿って最初は戸惑うけど、スカッと爽快だなあ。僕もこれくらい自由に発想して、リノベーションしたい。

ちょっと完ぺきを求めすぎなのかもね。だから、けっきょくDIYより業者に頼む、って感じになっちゃうと思うんだけど、ある程度テキトーでいいんだよね。

家とか家具も、どんなに大事に使っても、結局前の家のは最後は全部まとめてぶっ壊して捨てられたという経験から、僕の人生観も少し変わったかも。後生大事になるべく新品の状態のままに、と思って使っていたって、他人からみたら価値なんてなくてゴミ扱いなんだよね。

だったら、いま、楽しんで、自分の好きなようにカスタムして使う方がいいんじゃない? という価値観に変わってきたかも。

というわけで、引き続きリノベーション、進めていきたい、妄想は止まらない。