993を好きな理由


心を落ち着けて考えてみるために、
僕が993を好きな理由について考察してみる。


sponsoredlink

子ども時代、僕がクルマ好きになった時のポルシェ・911は
964型だった。
当時、愛読していたカー&ドライバー誌で
「プロフェッサー」岡崎宏司氏が
964や、当時初めて出たティプトロについて
よく記事を書かれていたのを覚えている。

そんな時に、登場したのが959、
そして993。

僕は、老舗メーカーが、
新世代を築くためにバーンと
革命的に出した製品が好き、という面があると
自己認識している。

僕にとって、911は
964だったのだが、その伝統を守りながら
新時代を築くために登場したのが993であるので
ズキューンと心を射抜かれているのだ。


それを言ったら、964も、
930までの時代の911を革新するマシンだったと
思うのだが、
僕は930時代は、リアルに感じていなく、
964がでたっぱなの革命児の時を
経験していないため、993が
革命児、と感じる。

そのロンでいくと、初代ボクスターもそうなんだよね。
ポルシェのそれまでの空冷時代を
革新する革命児。
本当に、初代ボクスターには、
ポルシェの新時代を感じた。
だからこそ、好きだ。

同じ理屈で、
ハーレーダビッドソンでいうと
V-RODが好きだし、
フェラーリでいうと360が好きだ。

話をポルシェに戻すと、
そういうわけで時代的に
僕は、993に革新を感じ、
好きになった。

ただ、例えば、「スパイ・ゲーム」で
R・レッドフォードの乗るナロー、いいなあとか、
「トップガン」でK・マッギリスの乗る356いいなあとか、
「48時間」のE・マーフィの356、
もちろん、J・ディーンの550いいなあとか
993以外の、昔のポルシェも好きなんだよね。

また、シンガー ポルシェの出現で、
993以外の全ての空冷ポルシェから
とてつもない色香と魅力、魔力を感じるようになった。

いやあ、そう考えると、
993に特に魔法がかかっているというか、
僕はクラクラとくる魅力を感じるのだが、
ほかの空冷にもすごく魅力を感じるように
なってきてるのかもしれない。

「人生で一番やりたいこと」という
パワーワードを見ると、
僕が一番に頭に浮かぶのは

「ポルシェ・911に乗ること」

なんだよなあ、、、、


あなたの、「人生で一番やりたいこと」はなんですか?

ご感想、ご意見はコメントをいただくか、
Twitterで絡んでいただくとうれしいです。

993は、伝統と、モダンさの融合という感じが
すっごくエモいんだよなあ、、、

Share Button

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA