アレックス モールトンAM20 mk2 お城製モデルについて語る。変態博士による傑作小径車 そしてモールトンはロールスロイス説に異議を唱える。



僕が所有する自転車3台。
ロードバイク、折りたたみバイク、モールトン、という
異なるジャンルで構成されるスリートップ体制を敷いている。

そんな中、通勤の足として活躍するブロンプトン・P3R、
トライアスロンでの戦闘バイクとしてトレーニングや決戦の際に
大活躍のタイム・アイゾンに比べると現在、
最も床の間バイク化しているのが
モールトンなのだが、それについて語ってみたいと思う。

こちらだ。

“アレックス モールトンAM20 mk2 お城製モデルについて語る。変態博士による傑作小径車 そしてモールトンはロールスロイス説に異議を唱える。” の続きを読む

話の鉄板ネタ


飲み会はあまり好きじゃないと言いつつ
たくさん出てるんだよねぇ。
これでも半分くらいは断ってるのだが、、、

そんな中、飲み会などの話をする場での僕の
鉄板ネタがある。

自分から話すことはないんだけど、
話の流れでその話になったり、
その話をすでに知ってる方からのリクエストで
話をしたりする。

“話の鉄板ネタ” の続きを読む

マイレストアブーム 英国製バイク Moulton AM20 Mk2


さて、iPhone 3GSをレストア?して以来、
プチレストアブームが来ている。

昔、自分が買ったものって、やっぱり自分自身だけあって
センスが僕と同じで、いいものなんだよね。

ただ、ちょっとタイミングだったり、少しマンネリだったり、
ありがたみが薄れていたりして、ご無沙汰気味
だったりすることがある。

そこで、それらを引っ張り出してきて、リボーンさせてやるというのは
リサイクル的にも、費用的にも、とてもいい趣味
なのでは? と、過去の自分の遺産発掘がこの頃
マイブームなわけだ。

“マイレストアブーム 英国製バイク Moulton AM20 Mk2” の続きを読む

Boxster メンテノート

ボクスターのメンテ記録。ワイパー交換。今まではピアを使用していたが、今度はボッシュにする。

ブレード共々交換。エアロパーツがついていてカッコいい。

ボクスター用のワイパーってなかなか置いてない。特に助手席側がない。ボッシュは582S品番がボクスター用に当たる。

助手席は湾曲が厳しいらしく、なかなかラインナップされていない。ボッシュのワイパーも、助手席側はかなり湾曲していた。

これでワイパーも新品に。まだまだいけるぜボクスター。

自転車のサドルについて ブルックス スワロー

サドルはなぜかたくさん持っている。

2012年に購入し、なんとなく気分的に
放置してあったブルックス スワローのロンドンオリンピック記念モデルを
戯れにブロンプトンに装着してみた。

まだそんなには期間がたっていないのだが、
少しずつエイジングが進んでいる。

“自転車のサドルについて ブルックス スワロー” の続きを読む

天国のすわり心地 ブルックス スワロー オリンピックモデル

 さて、ブロンプトンに装着したスワローの
角度や位置を調整している。

だんだんキマってきて、もう極上のすわり心地。
単体では硬い革なのに、座るとあんなにも
心地よい感じになるのがアルピナマジック、
じゃなくてブルックスマジック。

“天国のすわり心地 ブルックス スワロー オリンピックモデル” の続きを読む

サドルが好き ブルックス スワロー オリンピックver.

さて、TIMEのサドルを交換したら、
むくむくとサドルに対して興味が復活してきて、
そういえば、僕にはブルックスのオリンピックバージョンが
あったではないか、と思い出した。

オリンピックの年に出て、日本には各色30個しか
入ってきていない貴重なもの。
行きつけの某自転車屋に置いてあるのを見つけて
高価なので悩んだけど、オレが買わずして誰が買う?! と
買ったもの。

“サドルが好き ブルックス スワロー オリンピックver.” の続きを読む

TIME サドル問題 セライタリア→アリアンテ

さて、TIMEのサドルだが、
諸事情でセライタリア フライトからフィジークのアリアンテへと
換装した。

僕の持ってるちょっと前の型のフライトは、
今でも世界一かっこいいサドルだと思っているが
いかんせん硬い。

アリアンテに関しては、英国で買ったモールトンの完成車に
装着されていたこともあり、そのフィーリングは知っていた。

“TIME サドル問題 セライタリア→アリアンテ” の続きを読む