買い替え検討など。

買い換える必要はなく、
欲しいという気持ちで検討している
ボクスターの代替の空冷と違い、
いつの間にか3年が経過し
車検も受けたサポートカーのジムニーについては
ガチで買い替えを考えていかねばならない
時期になりつつあることに気づいた。

続きを読む 買い替え検討など。

Share Button

【小説】設定変更

設定変更

主人公 稀崎佳輔の愛車をポルシェ・930としていましたが、
ポルシェ・718ケイマンGT4とし、
ポルシェ・930への乗り換えを検討している、
という設定に変更します。

Share Button

【小説】想定外の連絡

「マジかよ、、、」

稀崎佳輔はハードな1週間を送っていた。
早朝、A県庁へ登庁し、自席で
ものすごい速さで仕事を処理した後、
通勤ラッシュが始める頃になると
出張で庁舎を跳び出していく、という毎日だった。

「人遣いが荒すぎる、、、」

続きを読む 【小説】想定外の連絡

Share Button

【小説】コーヒーラン

「…屋根を開けて」

珍しいことに、助手席の工藤久絽絵が言った。
断る理由もないので稀崎は、ポルシェの屋根を開ける。

英語では、2人乗りの幌車はロードスターなどと表されるが、
まさに道路を走るために生まれてきたようなクルマだ。

続きを読む 【小説】コーヒーラン

Share Button

今年もあと7週間! 個人的アドベントカレンダ

2022年もあと7週間となりました。
個人的に1年の中でも最も好きな年末年始をより
味わうために週ごとにイベントとか予定を整理してみよう。

続きを読む 今年もあと7週間! 個人的アドベントカレンダ

Share Button

小説の考察などとサイバーパンク エッジランナーズが大傑作

小説のPVが意外といいことなど。

一編まるっと書くことはまだ実力不足でできないので
1フレーズごとに書いてる小説だが意外とPVが良い。

小説で書いていることは事実ではなく、
稀崎も実在しないが、けっこう需要あるのかな、、、

続きを読む 小説の考察などとサイバーパンク エッジランナーズが大傑作

Share Button

「思いがけないオファ」小説

それは、恩師からの1通のiMessageだった。

金曜の午後、仕事をしている稀崎のiPhoneに、
昔、稀崎が新人時代に
お世話になった近藤優一からのメッセージが届いていた。
近況を尋ねる内容とともに、
稀崎の乗っているクルマについて、関心があるという
意味のことが書いてあった。

続きを読む 「思いがけないオファ」小説

Share Button

「最後のピース」(小説)

皆、「過去を振り返るな」と言うが、
過去を蔑ろにしていいのだろうか。

稀崎佳輔は時々、考える。
今していることや未来にすることも
結局は過去となる。
その過去がまるで意味がないものであるかのように
考えるのであれば、つまりそれは今や未来についても
意味がないということにならないだろうか。

続きを読む 「最後のピース」(小説)

Share Button

1970年代の亡霊(小説風)

「スタグフレーション、、、」

研究室のMacの前でコーヒーのカップを手にした
稀崎佳輔は、1970年代の亡霊のようなこの単語が
頭に浮かんだ。

スタフグレーション、
遠い昔の生徒時代、
社会科の授業で、インフレ、デフレとともに
スタフグレーションという言葉を聞いたときに、
不景気なのに物価が上がるなんて、そんなバカなことが
あるか、と思った。

続きを読む 1970年代の亡霊(小説風)

Share Button

ポルシェはあざなえる縄の如し(小説風)

予想していたこととはいえ、驚いたな、、、

稀崎佳輔は、研究室でマグカップのコーヒーを片手に
ウオッチしている専門店のサイトを見て、衝撃を受けていた。

ポルシェ・911の中でも、マニアの間で930や
Gシリーズと言われる型を探していた。
その中で目をつけていた好みの黒い車両だ。

続きを読む ポルシェはあざなえる縄の如し(小説風)

Share Button

節約日記(散財ではない)。