8月7日(日)四季 真夏 森博嗣のアンチハウスの精神を格納庫に見た。

某格納庫で、え、これって
森博嗣のアンチハウスじゃん、と思った。
トラス構造で屋根を支える感じ、
おもちゃ箱のように、きらめく機体が並び、
それを2階からも眺めることができる構造。
まさにアンチハウス。

僕のガレージも、プライベート格納庫といった
こういう感じってのいいなあと思い至った。

続きを読む 8月7日(日)四季 真夏 森博嗣のアンチハウスの精神を格納庫に見た。

Share Button

8月6日(土)数奇にして有限の良い週末を 少しずつ探してる次期FX候補車の選定の続き

鉢植えに水をやらないと、三体人のようにしおれている。
2日開けたらもうかなり危機的な状況。
1日おきには水やりをしないと。

少しずつ探している次期愛車候補、激務?の合間を縫って
見にいっている。

今回は、国産車の雄、T社のSUV。

続きを読む 8月6日(土)数奇にして有限の良い週末を 少しずつ探してる次期FX候補車の選定の続き

Share Button

8月5日(金)すべてがTになる。お医者さんのスキルがすごい、もう不老不死はある程度、実現してるんじゃないかと思う。

結局昨夜は22時半まで持ち帰りの仕事していました。

夏休みを取得しなくてはいけないので、取得。
弊社の場合、夏休みや有給を取って、その上で
出勤して普通に仕事している人もいる(多い)が
自分は心情としてそれはやりたくないのでやらない。
嘘をついていることになるし、勤務記録の改ざんであるし、
何よりそんなことをしていては社会は良くならない。
(持ち帰り仕事はいいのか、という問題はありますが、、、)

休みを取って、医者のハシゴ。
それから、近ごろ、体重がマックスなので
自転車に乗ってカロリーを燃やす。

続きを読む 8月5日(金)すべてがTになる。お医者さんのスキルがすごい、もう不老不死はある程度、実現してるんじゃないかと思う。

Share Button

8月4日(木曜日)詩的私的指摘。

ますます電車の人は少なくなってきています。
もう夏休みに突入する方が増えてきたのでしょうか?

ここのところ、37度の猛暑でしたが、
今日は曇りのち雨で30度そこそこでした。

続きを読む 8月4日(木曜日)詩的私的指摘。

Share Button

8月3日(水)雨が恋しい8月の熱波月間。

37度。
だが、体が慣れてきたのか、昨日ほどは
「暑さで死ぬかもしれない」と感じる度合いが減ってきたような。
風が少しあるのもかなり違う。

電車は相変わらず空いてて快適です(にこにこ)。
でもこれって通学や通勤しなくてもいいって人が増えてるってこと?
通勤必須の弊社は、、、(プンプン)

続きを読む 8月3日(水)雨が恋しい8月の熱波月間。

Share Button

8月2日(火)まさに火の出るような1日、、、

朝起きた時から暑い。無事に会社まで辿り着けるか不安になるほど。
電車はますます人が少なくなり、エッセンシャルワーカでない人は
出社してないのかな、とか考えたり。

日中、アップルウオッチの温度計を見ると、38度をさしていた。
体温以上。
「サマーウォーズ」の侘助のセリフ「ったく日本はなんでこんなに暑いんだ」
だよ、本当に。

続きを読む 8月2日(火)まさに火の出るような1日、、、

Share Button

8月は封印サイトは日記を書きつけるか、8月1日(月)

森博嗣研究を続ける中で、自分も
日記を書いてみようかなあ、8月限定で。
どこまで続くか分からないけど、、、

本日は、晴れ。朝から暑い。
会社まで無事に着けるか心配になるほどの暑さ。
電車は学生がいない分、空いている。
感染症も炸裂していて、
出社を控えているサラリーパーソンも多いかもしれない。

続きを読む 8月は封印サイトは日記を書きつけるか、8月1日(月)

Share Button

森博嗣研究は続けています。最近は日記やエッセィを読んでます&過去の森博嗣の足跡をたどっています。

夏の自由研究テーマ「森博嗣」の僕は
変わらず森博嗣研究を続けている。
今は、「封印サイトは詩的私的手記」「毎日は笑わない工学博士」
「TRUCK&TROLL」「MORI LOG ACADEMY13」「森博嗣のミステリィ工作室」を
同時並行で読みながら研究中。

続きを読む 森博嗣研究は続けています。最近は日記やエッセィを読んでます&過去の森博嗣の足跡をたどっています。

Share Button

7月の終わりと夏空

7月が終わりですね。
学生が夏休みに入ってから、通勤電車が
かなり空いています。
A県の感染者がかなり多く、出社を控えているサラリマンも多いのかも
しれません。

続きを読む 7月の終わりと夏空

Share Button

輸入車ディーラ敏腕営業マンの袖口チェックによるアポーウオッチとスイス製高級機械式時計に関する考察

以前、10年以上前かな、
某輸入車ディーラーの敏腕営業パーソン、
いつもスーツをパリッと着こなし、髪はオールバック、
物腰は柔らかく、そして袖にはフランク・ミュラー。
ああ、これがデキる営業マンっていうものか、というのを
見せつけられた気がしていた。

時は流れ、令和の時代。
輸入車ディーラーの営業マン・ウーマンは平均的にレベルが上がり、
皆、感じよく、よく気が利いて間に合う人ばかりになった。
そして、そういう人たちの袖に巻きついている時計は、、、

続きを読む 輸入車ディーラ敏腕営業マンの袖口チェックによるアポーウオッチとスイス製高級機械式時計に関する考察

Share Button

節約日記(散財ではない)。